ピエール・ガスリー 「レッドブルのサポートがなければ僕はF1にいなかった」
ピエール・ガスリーは、2023年末までレッドブルとの契約に拘束されている。ガスリーは、2023年もスクーデリア・アルファタウリで間違いなくドライブする理由を説明した。

セバスチャン・ベッテルがが2022年末でF1引退を発表したことで、F1の椅子取りゲームはスタートしているが、ピエール・ガスリーによれば、2022年シーズンの終わりにレッドブル・ファミリーを去ることは選択肢ではない。

「僕には契約がある」と2023年末までレッドブルと契約を結び、すでに2023年もスクーデリア・アルファタウリに残留することが発表されているピエール・ガスリーは語り、契約を確実に履行したいと強調した。

最近、ヘルムート・マルコはMotorsport-Total.comとのインタビューで、おそらくピエール・ガスリーに移籍のゴーサインが与えられるだろうと認めた。しかし、26歳のピエール・ガスリーは現在、さよならを言うことに興味はない。

ピエール・は、レッドブルがなければ「100%」F1にたどり着けなかっただろうと強調している。

「僕にはお金がなかった。お金がかかるスポーツであることは誰もが知っている。サポートがなければ、スポーツで成功することはできない」とピエール・ガスリーは語った。

したがって、レッドブルとの契約を履行しないという選択肢はピエール・ガスリーにはない。

「来年、僕たちは10年間一緒にいることになる」とピエール・ガスリーは説明し、レッドブルとの「非常に成功した時間とパートナーシップ」を強調した.

「純粋に成功の8年半だった」とピエール・ガスリーは誇らしげに語る。とりわけ、レッドブルのサポートにより、ガスリーは2016年にGP2 シリーズでチャンピオンになり、1年後には日本のスーパーフォーミュラで準優勝した。

「物事が思い通りにいかなかったのはわずか6か月だけだった」とピエール・ガスリーは、2019年F1シーズンのレッドブル・レーシングでの6か月間を挙げた。

夏休み中、わずか12 レースでアレクサンダー・アルボンと交代し、トロ ロッソに送り返された。しかし、ピエール・ガスリーからレッドブルへの感謝の気持ちは消えなかった。

「彼らなしでは、僕は決して続けることができなかっただろう」とピエール・ガスリーはモータースポーツでの初期の頃を思い出した。

ピエール・ガスリーが少なくとも1年間はレッドブルに忠実であり続けたいと思ったとしても、その後キャリアがどのように続くかは不明だ。2023年シーズン後、彼の現在のレッドブルとの契約は満了する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ