ピエール・ガスリー 「F1のトップチームに移籍する準備はできている」
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシング時代よりも「はるかに完成された」ドライバーになっており、F1のトップチームに移籍の準備ができていると信じている。

ピエール・ガスリーは、わずか12レースを終えた後にレッドブル・レーシングから解雇された後、F1で評判を取り戻してきた。レッドブル・レーシングのホットシートが少し熱すぎると感じたレッドブルのジュニアドライバーは彼が初めてではなかったが、ガスリーはアルファタウリでクオリティを示してきた。

レッドブルの姉妹チームに戻って以来、ピエール・ガスリーはモンツァでのF1初優勝とともに2つの表彰台を獲得している。これがガスリーが行っている仕事であり、空席が空くたびに、ガスリーの名前は空席に結び付けられる最初のドライバーの1となっている。

フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1に移籍し、オスカー・ピアストリがオファーを公然と否定した後、アルピーヌF1チームのシートが空席のままになり、その状況が再び発生しました。ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスとの契約延長を発表した後、レッドブルとの状況が明確になったことを知っているので、憶測を見るのは「楽しい」と語った。

「彼ら(レッドブル)との契約はまだ1年残っている」とピエール・ガスリーはイタリア版motorsportに語った。

「レッドブルはまだ僕の計画を明確に発表していなかったので、僕の名前については多くの噂があったと思う。少なくとも僕はそう思っている」

「“ガスリーがレッドブルに戻るという噂”は非常に多くあった。ヘルムート(マルコ)ともそのことについて話し合った。有効な契約を超えて、毎年必ず会って将来について話し合っているからね。そして、彼は、彼らが僕をアルファタウリにとどめておきたいと言った」

「ペレスと契約した後、彼らは僕が今いる場所に留まることを望んでいた。僕たちは契約が切れるまで続ける。来年はレッドブルのドライバーとして10年になる。信じられないことだ。その後? どうなるか見てみよう」

ピエール・ガスリーが最後にレッドブル・レーシングというトップチームでドライブしてから3年が経ったが、ガスリーは自分自身を「はるかに完成度の高いドライバー」と表現し、今ではそのチャレンジにより適していると考えている。

「F1でたった1シーズン過ごした後、僕はレッドブルに昇格した。その時、彼らは僕のポテンシャルを見て、僕に素晴らしい機会を与えてくれた」と26歳のピエール・ガスリーは語った。

「今考えてみれば、F1で5年間過ごした後、僕ははるかに完全なドライバーになっている」

「僕はより多くの経験を積んでいる。チームとの作業においてより効率的だし、マシンに何を求めているかを正確に理解し、フィードバックはより明確になっている。成長し、学ぶものだ」

「ミッドフィールドカーで成長し、良い結果を達成できたことを示したと思う。アルファタウリに敬意を払ってはいるけど、トップチームとの間には常にギャップがある。僕たちは表彰台を獲得することができるし、勝利さえも不可能ではないことを示してきた」

「昨年は非常に安定したシーズンだったと思うし、予選でもレースでもチームポイントを獲得できることを証明したかった。アルファタウリでドライバーとして最も成功した年であり、このチームに戻って以来、一連の信じられないほどのレース、思い出に残る日をまとめたことを証明することが重要だったと思う」

だが、ピエール・ガスリーは今シーズンこれまでで最も困難なシーズンの1つに耐えることを余儀なくされている。ガスリーは、シーズンの後半を2023年に向けて取り組むと語る。

「僕はすでに2023年に向けて取り組んでいる。2023年11月までアルファタウリにいることを知っているし、今やっていることは来年にも役立つ」

「今年大きな結果を目指すことをあきらめなければならないと言っているわけではないけど、小さな一歩のすべて、そして、僕が提供できるフィードバックのすべて、僕がチームを推進しているすべての方向性は、来年の車に影響する」

「だからこそ、僕はその観点から見ている。ドライバーとして常に全力を尽くしているけど、表彰台を目指して戦っているときの方が、15位を目指しているときよりも楽しいことは否定できない」

「今、私たちは移行期にいる。昨年は素晴らしかったけど、今年ははるかに困難だ。でも、団結する必要があるのはこのような瞬間であり、僕は自分の役割でできる限りのことをしようとしている。チーム一丸となって前進し、昨年の状態に戻りたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ