ピエール・ガスリー 「F1デビュー年のベッテルからのアドバイスは忘れない」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2016年にF1キャリアをスタートさせたときにセバスチャン・ベッテルから受けた助けとアドバイスについて語った。

2016年にGP2でチャンピオンを獲得したピエール・ガスリーだったが、2017年にレッドブルの両チームのF1シートは埋まっていた。ガスリーは、日本へと向かい、スーパーフォーミュラに参戦することを選んだ。

しかし、夏休みの直後、レッドブルF1のモータースポーアドバイザーであるヘルメット・マルコから、ダニール・クビアトの代わりにF1シンガポールGPでトロ・ロッソでドライブするようにとの電話を受けた。

「2016年にGP2のタイトルを獲得したときのことを覚えているけど、すぐにF1へのチャンスを得られなかった」とピエール・ガスリーはTauri Talk with AlphaTauriのポッドキャストに語った.

「『オーケー、F1の前にすべてのステップを完了した』と感じたので、僕にとっては非常に困難な時期だった」

「僕がレッドブルに加入したときは、おそらく彼(ベッテル)のレッドブルでの最後の年だったと思うけど、僕はもう少しファクトリーに足を運び、彼に近づき、彼がチームとどのように働いているかを見る機会を得た」

「その冬かシーズンの終わりに彼に電話して、僕の状況について非常に正直に彼の意見を求めた。自分のキャリアのためにどのように対処すべきか、どのようなステップを踏むべきか、そして、チャンピオンとして、そして、過去のレッドブルドライバーとしての彼の意見を得るためにね」

「1時間から1時間半、彼は僕の話につきあってくれて、彼の見解、僕がどれだけ集中すべきかを教えてくれた。レッドブル、ヘルムート、彼の経験などから、僕がすべきステップを教えてくれた」

「とてもありがたかった。彼がそんなに私を助けてくれるとは思っていなかった」

ピエール・ガスリーは、2018年にフルタイムでトロ・ロッソに加入し、2019年にはダニエル・リカルドの突然の離脱によりレッドブル・レーシングへの昇格を確保した。

しかし、ピエール・ガスリーの結果はヘルムート・マルコによってあまりにも一貫していないと見なされ、彼はトロ・ロッソ、現在のアルファタウリと戻され、現在も角田裕毅と一緒にチームに残っている。

しかし、ピエール・ガスリーは、セバスチャン・ベッテルとの初期の会話と、それが彼にとって何を意味したかを忘れていないと語る。

「僕は常にセブを支持してきたし、F1ドライバーとしてだけでなく、人としても彼を非常に尊敬している」とピエール・ガスリーはコメント。

「驚異的な集中力、彼の仕事への倫理観は並外れている」

「彼は 4度のワールド チャンピオンであり、このスポーツで最も成功したドライバーの1人なので、それを尊重する必要がある。素晴らしいドライバー、素晴らしい男であり、非常に意欲的だ」

同じポッドキャストでチームメイトの角田裕毅は、ベッテルと歴史を共有することは少ないが、ピエール・ガスリーが彼を高く評価していることを支持していると語った。

「今年のドライバーズパレードの前、僕が一人で座っていたとき、彼は私の隣に来てくれて、少し話しました。彼は本当に親切です」と角田裕毅は語った。

また、角田裕毅は、セバスチャン・ベッテルがF1ドライバーブリーフィングで自分の考えを語った方法に特に感銘を受けたと語る。

「彼はあらゆる状況を改善するために、私たちF1ドライバーのほとんどが口にするのに苦労していることであっても、毎回、多大な努力を払っていました」

「でも、セブは本当に良いことを考えているし、おそらく何かを犠牲にしていると思います」

「彼はいつも率直に言ってくれるし、僕は彼の人柄がとても好きです。間違いなくセブはF1で本当に重要な人物です」

ピエール・ガスリーとセバスチャン・ベッテル / F1記者会見

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / セバスチャン・ベッテル / アルファタウリ