ピエール・ガスリー 「ピットレーンから12位は満足と言わざるを得ない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝レースを12位で終えた。

予選を19番手で終えていたピエール・ガスリーは、事前承認を受けずにF1パワーユニットを交換したことでピットレーンスタートとなり、その際にセットアップも変更。その結果、マシンのペースは上がったとガスリーは語る。

「今日は満足と言わざるを得ない。ピットレーンからのスタートは決して簡単ではないけど、何とか12位までばん回できた」とピエール・ガスリーはコメント。

「ピットレーンスタートのためにマシンのセットアップをいくつか変更したところ、少しペースが上がり、いくらかいい動きができるようになった」

「最も重要なことは、これからの3週間で、僕たちのパッケージからより多くのものを引き出し、安定してポイント圏内でフィニッシュすることだ。僕はチームのことも、僕たちが何を達成できるかも知っているし、この新しいマシンは難しいので、どうすればベストを尽くせるかを理解するための時間が必要だ」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1ハンガリーGP / アルファタウリ