ピエール・ガスリー、サインツのようなレッドブル外のF1キャリアを除外せず
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングでもう一度チャンスを得るるという決意を繰り返す一方で、エナジードリンクが所有するF1のファミリーを完全に離れることを除外していない。

現在26歳のピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングとの失望した初期のスティントに続いてレッドブルの姉妹チームに降格させられた後、スクーデリア・アルファタウリの明確なリーダーとしての地位を確立した。

スクーデリア・アルファタウリに満足しているかと質問されたピエール・ガスリーは「トラックでもっと良い結果を得ることができれば、もっと幸せになるだろう」とEl Mundo Deportivoに語った。

「でも、僕たちはそれに取り組んでおり、アルファタウリとの挑戦にも満足している」

しかし、ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングでの別のショットを望んでいることは明らかであり、2023年にそれが起こらなければ、カルロス・サインツの足跡をたどることを除外していない。

「カルロスは僕とは異なる旅をしたと思う」とピエール・ガスリーは語った。

「多くのドライバーがレッドブルと続けて、うまくやってきた」

「もちろん、カルロスは、ルノー、マクラーレン、そして、今はフェラーリに行き、素晴らしいキャリアを積んでいる」

「テーブルにどんな機会があるかにもよると思う。自分の場合はどうなるか見ていくつもりだ」

ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングにいたよりも「はるかに優れたドライバー」になっていると主張し、ミルトン・ケインズを拠点とするチームも「両方ともその状況から学んだ」と述べている。

しかし、提供されるのがスクーデリア・アルファタウリとの契約だけだった場合、レッドブル・ファミリーを完全に去ることを検討するかと質問されたピエール・ガスリーは「それ次第だ」と語った。

「交渉があり、何が利用できるかを見てから、僕にとって最良の選択肢を決定する」

「もちろん、僕たちはすべての機会を待って評価する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ