ピエール・ガスリー、予選7番手 「重要なときにまとめることができた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの予選を7番手で終えた。

「かなり満足している。今年の僕たちの最高の予選であり、ここマイアミでそれを達成できたのは素晴らしいことだ」とピエール・ガスリーはコメント。

「今朝の車は感触があまり良くなく、かなり苦労していたので、今日はどの位置で予選を通過できるか分からなかったけど、重要なときにすべてをまとめて、7番手にたどり着くことができた」

「ミッドフィールドは非常にタイトだし、コンマ数秒の差だけど、僕たちは明日は良いスターティングポジションにいるし、このサーキットではそれが本当に重要になると思う。未知数が多い新しいコースで、タイヤ戦略のデグラデーションに関するデータが少なく、オーバーテイクの機会が多いかどうかさえわからないけど、楽しいレースになると思う」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / F1マイアミGP