アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー、6位入賞「今季のベストパフォーマンスのひとつ」 F1トルコGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1トルコGPの決勝で6位入賞を果たした。

4番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、セルジオ・ペレスとフェルナンド・アロンソに挟まれる形となって、外側にいたアロンソに接触。アロンソがスピンを喫し、ガスリーにはこの原因を作ったとして5秒のタイムペナルティーが科される。

その後、レースは膠着状態となり、ピエール・ガスリーが6番手となったまま順位に変動が見られなくなる。39周目にピットへ入り、ペナルティーを消化した上でタイヤを替えて、6番手でレースへ復帰。6位でチェッカーを受け、この6戦で4度目のトップ6フィニッシュを果たした。

「またトップ6のポジションに戻ってくることができてとてもうれしい」とピエール・ガスリーはコメント。

「今日は、今シーズンのベストパフォーマンスの一つではないかと思うし、特にこうした難しいコンディションの中で上手くやれた。5秒ペナルティーを受けたにもかかわらず、表彰台圏内から10秒差でフィニッシュできたことはよかった」

「スタート直後にセルジオ(ペレス)とフェルナンド(アロンソ)に挟まれ、不運にも接触してしまった。接触はわずかだったけど、アロンソをスピンさせてしまったので、彼には謝りたいと思う」

「その後のペースもとてもよかったし、今週末のマシンパフォーマンスには満足している。初日から好調だったというのはとてもいい気分だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1トルコGP / アルファタウリ