ピエール・ガスリー 「できうる限りの結果だがもっと上位に行けたのも事実」 / アルファタウリ・ホンダ F1ハンガリーGP 結果
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1ハンガリーGPの決勝を6位でフィニッシュした。

5番グリッドのピエール・ガスリーは、スタートでの多重クラッシュを避けるためにコースを大きく外れてポジションダウン。レース再開後は12番手でレースを進める。

その後、迫ってくるハミルトンを抑えつつ、シューマッハをオーバーテイクしてポジションを上げる素晴らしい走りを見せたピエール・ガスリーは、30周目にピットインして8番手でレースに復帰。ピットストップ後のペースもよく、ターン1でラティフィをオーバーテイク。7番手まで順位を回復すると、角田の背後に迫り、チームはよりフレッシュなタイヤのガスリーを先行させる。

レース終盤、7番手走行中の角田裕毅がターン2でスピンを喫したことで、角田との差が大きくなったピエール・ガスリーは、69周目にピットインしてソフトタイヤに交換。ファイナルラップでファステストラップを記録し、1ポイントを追加し、6位でチェッカーフラッグを受けた。

「正直に言って、今日のレースをどう考えればいいのかよく分からない」とピエール・ガスリーはコメント。

「5番手からスタートし、そこが今日の望みうるベストの順位だと思うけど、1コーナーでのインシデントに引っかかり、大きく順位を落としてからの6位入賞だ。様々な波乱のあったレースで、このポジションでフィニッシュできたのはいいことだけど、もっと上位に行けたことも事実だと思う」

「予選ではトップチームに次ぐ“ベスト・オブ・ザ・レスト”の位置につけて、マシンには満足していたので、今週末は多くのポジティブな点があったけど、チャンピオンシップを考えると、(中団のライバルに比べて)多くのポイントを失ってしまったことは残念だ。ただ、今日の状況から考えると、できうる限りの結果は残せたと思う」

「エステバン(オコン/アルピーヌ)には心から祝福を送る。彼らは戦略面で正しい判断をしたことで素晴らしい勝利を挙げた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1ハンガリーGP / アルファタウリ