ピエール・ガスリー 「6位に本当に満足。バトルを心から楽しんだ」/ アルファタウリ・ホンダ F1アイフェルGP 結果
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権 第11戦 F1アイフェルGPの決勝レースで6位入賞を果たした。

12番グリッドのピエール・ガスリーは、スタートタイヤのミディアムでロングスティントを走りきり、折り返しを過ぎた31周目でピットインしてハードタイヤに交換。

レース復帰後、8番手までポジションを上げると、ランド・ノリス(マクラーレン)がコース脇にマシンを止めたことでセーフティカーが出動する。この時点で残り15周だったが、ソフトタイヤへの交換する。

ピエール・ガスリーは、タイヤ交換を行わなかったロマン・グロージャン(ハース)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)を立て続けにオーバーテイクし、6番手までポジションアップしてチェッカーを受けた。

「昨日はやや苦しい結果だっただけに、今日は本当にうれしい。望んでいたマシンバランスに持っていけず、感触はあまりよくなかった」とピエール・ガスリーは語る。

「いつも決勝レースではペースがよく、ポイント争いができるとは思っていたけど、今日はとても楽しかった。コース上で多くのバトルをして、攻めたりディフェンスしたりと、いろいろな状況があったけど、そのすべてを心から楽しんだ!」

「チームはすべて適切なタイミングで正しい判断を下してくれましたし、今日の6位には本当に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1ドイツGP / アルファタウリ