ピエール・ガスリー、F1バーチャルGPへの参加を表明 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、近い将来、F1バーチャルGPへ参加することを表明。仲間のF1ドライバーと戦う前にまずは練習を重ねたいと SoyMotor に語った。

ピエール・ガズリーは、F1バーチャルGPに参戦していない現役F1ドライバーのひとりだ。オンラインゲームには参加しているピエール・ガスリーだが、自主隔離生活を送るドバイに適切なシムレース環境を構築することができず、練習もできていなかった。

現在、F1バーチャルGPには、ランド・ノリス、シャルル・ルクレール、アントニオ・ジョビナッツィ、アレクサンダー・アルボン、ジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティフィが定期的に参加。カルロス・サインツも1度参加しており、先週のF1バーチャル・モナコGPではバルテリ・ボッタスとエステバン・オコンが初参加した。

一方、マックス・フェルスタッペンやロマン・グロージャンは、『F1 2019』は“リアルではない”として参加しないことを表明。セバスチャン・ベッテルはiRacingで行われたLEGENDS TROPHYでシムレースデビューを果たしている。また、ダニール・クビアトやキミ・ライコネンのような他のドライバーはバーチャルレースは好きではないとし、現実の世界でレースをしたいことを明言している。

F1は7月5日のオーストリアGPで2020年シーズンを開幕することを目指しており、理論上、残りのF1バーチャルGPは、6月7日のカナダGP、6月14日のアゼルバイジャンGP、6月28日のフランスGPの3大会となっている。

各F1チームは6月からファクトリーを本格稼働させる予定であり、ピエール・ガスリーがドバイから参加するのか、イタリアから参加するのかは不明だが、F1バーチャルGPに参加する時間は残っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ