ピエール・ガスリー、ドバイでの自主隔離生活を語る / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、ドバイでの自主隔離生活について語った。

F1オーストラリアGPが中止になった後、ピエール・ガスリーは新型コロナウイルスに規制を回避することを望んだが、結果として2度失敗に終わった。オーストラリアとドバイは世界の他の地域と同様に規制がどんどん厳しくなっていった。

ピエール・ガスリーは、F1オーストラリアGPの中止が決まった後、まだ規制が厳しくなかったため、メルボルンに1週間長く滞在した。

「オーストラリアではすべてが落ち着いているようだったので、パーソナルトレーナーと一緒にメルボルンに1週間長く滞在した。たとえば、カートを借りて、楽しい時間を過ごしたりね。でも、状況は徐々に変化し、とにかく飛行機で帰ることにした」とピエール・ガスリーは Autosprint に語った。

「ドバイに立ち寄って、数日間滞在することにした。でも、数週間で変化して、最初のうちは人々は移動する余地が多くあったんだけど、ここでもすべてが非常に厳しくなった。スーパーマーケットにしか行けない」

制限にもかかわらず、ピエール・ガスリーはフィジカル面は維持できていると語る。

「自由に使えるプライベートジムがあるので、トレーニングを続けることはできる。毎日一生懸命トレーニングしている。再びレースができる瞬間に合わせなければならない。でも、トレーニング以外の日々はとても退屈だ」

「もちろん、家族とSkypeで話す時間が増えるのはいいことだ。イタリア語のコースも受講しているけど、結局、それでもまだ退屈な日々になるだろうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ