F1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、イギリスGPでF1での自己ベストリザルトに並ぶ4位でフィニッシュ。“すべてなエリアで大きな前進”を果たしていると語る。

F1オーストリアGPを周回遅れの7位という不甲斐ない成績で終えたことでピエール・ガスリーの評価は急落。レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ガスリーのパフォーマンスは“受け入れられるものではない”と批判していた。

開幕から不振が続いていたピエール・ガスリーだが、前戦イギリスGPでは、マックス・フェルスタッペンに匹敵するペースを発揮。マックス・フェルスタッペンと2台のフェラーリとの戦いの末、4位入賞を果たした。

ピエール・ガスリーは、過去2レースの間に行われた仕事が不可欠だったと指摘する。

「これまでで最高の週末を過ごせたので、喜んでいいと思う」とピエール・ガスリーはコメント。

「オーストリアの後、チームは週末全体をチェックし、物事をどう改善していくかについてたくさんのミーティングを行った」

「僕たちは多くの変更を加えました、そして、最初のセッションから僕たちが大きな前進を確認することができたことを嬉しく思う。金曜、土曜、そして、日曜も強かった。週末全体をはるかに楽しむことができたし、自分が果たしたステップに満足することができると思う」

「多くのことがそれを可能にしたと思う。一つの大きなことではなく、多くのことを整理し、最大化することができた。まだ完璧ではないけど、僕たちはあらゆるエリアで大きく前進していると思う。表彰台に上るためには、まだまだ追加の最後のステップを見つける必要があるけど、週末を通して強かった」

レッドブルのF1チーム代表っを務めるクリスチャン・ホーナーも、ピエール・ガスリーがシルバーストーンで不振から脱却したと考えている。

「彼は週末を通して完璧な仕事をした。オーストリアで起こったことっはオーストリアに捨ててきたようだね」とクリスチャン・ホーナーは微笑んだ。

「シルバーストーンに到着すると、かれはすぐにチームメイトのやってることを気にせずに自分の仕事に集中していた。そうだね、彼は良いパフォーマンスを発揮したと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1