F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンがF1オーストリアGPで使用したホンダのエンジンモードは、これまで自分のクルマで走らせたことのないものだと語る。

2週間前のF1オーストリアGPでレッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンに『エンジンモード11 ポジション5』と支持。ホンダは、これが最大のパワーモードであることを否定しているが、耐久性を犠牲にしてでもハイパワーモードを継続して使うことを示すものだと考えられている。

レース中にチームメイトに周回遅れにされたピエール・ガスリーは、エンジンモード11は、通常、最もパワーの高いエンジンモードをアクティブにする予選でも使ったことのないモードであることを確認した。

「予選とレースは違う。それについて話したくないけど、あなたの質問に答えば、僕はそれを使ったことはない」とピエール・ガスリーはコメント。

ドライバーたちは、エンジンモード11の目的にこだわっていない。マックス・フェルスタッペンはそれがドライバーにとって利用可能な最も強力な設定であることを否定し、それは“レースですることの何か”だと語っている。

マックス・フェルスタッペンの優勝はホンダにとってV6ターボハイブリッド規則のもとでF1に復帰して以来、初めての勝利だった。しかし、マックス・フェルスタッペンは、ホンダのF1パワーユニットにはもっと多くを必要としていると語る。

「まだ一生懸命努力する必要があると思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「もちろん、レースでの勝利ではあるけど、突然僕たちが優位に立ったというわけではない。まだもう少しパフォーマンスを向上させる必要がある」

関連:ホンダF1ファンを痺れさせた『エンジンモード11 ポジション5』

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1