F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、RB15に対する自信を“毎週一歩ずつ”深めていると語る。

ダニエル・リカルドの後任としてトロロッソからレッドブルに移籍したピエール・ガスリーだが、開幕3戦ではマックス・フェルスタッペンのペースに匹敵できておらず、昨年のトロロッソのマシンほどRB15を快適に感じられていないことを明かしている。

だが、F1中国GPでは今シーズン初となるQ3進出を果たし、6番グリッドからスタートして6位でレースをフィニッシュ。終了間際にはピットインしてソフトタイヤに履き替え、ファステストラップを記録している。

「レース中はリズムを保ち、タイヤの消耗に気を付けるとともに、マシンフィーリングの向上に努めました」とピエール・ガスリーはコメント。

「ゆっくりとだけっど自信がついてきているし、毎週末1歩ずつ向上ができていると思う。一度に3歩ずつ向上できるようさらに頑張る」

「次戦に向けてやるべきことはまだ多いですけど、何を改善して、何をもっとやれるかはわかっている」

「ポイント圏内でフィニッシュし、ファステストラップというエクストラポイントまで獲得できて嬉しい」

レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも、ピエール・ガスリーがチーム移籍に苦労しているものの、中国で“一歩前進”を果たしたと考えている。

「彼はクルマから得られるベストな特性を最適化させるためにドライビングスタイルを洗練させる必要がある。彼はそれを進めている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼にとってそれが挑戦であることは明らかだと思うが、彼は進歩を遂げているし、レース終盤にファステストラップを記録したことも彼に少なからず自信を与えることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1