F1 ピエール・ガスリー レッドブル ホンダ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ホンダにとって2019年からレッドブル・レーシングにF1パワーユニットを供給することが、さらなる発展のための大きな後押しになると期待している。

マクラーレンとの3年間のパートナーシップを悲惨なかたちで終えたホンダは、今シーズンからレッドブルの姉妹チームであるトロロッソと新たなパートナーシップを開始。パフォーマンスの向上を示し、2019年からは本家レッドブル・レーシングにF1パワーユニットを供給することが決定している。

ダニエル・リカルドのルノー移籍が発表される前、ピエール・ガスリーは2019年のホンダの開発について以下のように応えている。

「2台ではなく、4台のクルマがあるということは、開発という点では常にいいことだし、それにレッドブルというビッグチームでもある。僕たちは彼らがいかに大きく、強いかということをわかっている。彼らがホンダをその方向性に大きくプッシュしていくのは明らかだ」とピエール・ガスリーはコメント。

「だから、僕たちは一緒に強みのすべてを分かち合うことができれば、それは確実にプラスになるだろう。それに来年の作業はもう始まっていると思う。現時点で僕たちができる全ての開発は来年のレッドブルにとって有益になるからね」

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでダニエル・リカルドがチームを離れてルノーに移籍することが決定。ピエール・ガスリーはその後任の最有力候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1