ピエール・ガスリーの2019年07月のF1情報を一覧表示します。

「ガスリーがレッドブルのシートを維持できているのは代役がいないだけ」

2019年7月31日
F1 ピエール・ガスリー レッドブル
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ピエール・ガスリーがレッドブル・ホンダのシートを維持できているのは、今のところ他に選択肢がないからに過ぎないと考えている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、レッドブルが2019年に低調なパフォーマンスを繰り返しているピエール・ガスリーに対して寛大であることに驚いていると語る。

ピエール・ガスリー 「もうすぐ一貫して結果を出せるようになる」

2019年7月31日
F1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ドイツGPでの問題は、最近のRB15での進歩とは無関係だと強く主張する。

F1イギリスGPでシーズンでベストな週末を過ごしたピエール・ガスリーは、F1ドイツGPの予選でもトラックリミットを超えてタイムが取り消されるまでマックス・フェルウタッペンに0.1秒差のベストラップを記録していた。

レッドブルF1、ピエール・ガスリーの今季中の交代を断固否定

2019年7月30日
F1 レッドブルF1 ピエール・ガスリー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2019年シーズン中にレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーをダニール・クビアトと交代させるのではないかとの推測を改めて否定した。

F1イギリスGPで4位フィニッシュを果たして復調の兆しを見せていたピエール・ガスリーだが、F1ドイツGPでは再び低迷。フリー走行2回目には“ドライビングミス”でクラッシュを喫し、決勝でも同じホンダF1エンジンのユーザーであるトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンに接触してリタイアした。

レッドブル、2019年シーズン中のガスリーとクビアトの交代を否定

2019年7月30日
F1 レッドブル ダニール・クビアト
レッドブルは、2019年シーズン中にピエール・ガスリーに代えてダニール・クビアトを昇格させる可能性を否定している。

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはF1ドイツGPで3位表彰台を獲得。2008年のF1イタリアGPでセバスチャン・ベッテルが優勝して以来、11年ぶり2度目の表彰台をチームにもたらした。

ピエール・ガスリー、痛恨のクラッシュ「言うべき言葉が見つからない」

2019年7月29日
F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、F1ドイツGPの決勝レースをリタイアで終えた。

4番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーはスタートで出遅れ、9番手ポジションを落とす。さらに早めのピットストップでポジションを落とすが、そこから懸命に追い上げを開始する。

ピエール・ガスリー 「限界までプッシュしたことによるクラッシュ」

2019年7月28日
F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダ内でプレッシャーは感じていないし、2列目を獲得したF1ドイツGPの予選パフォーマンスに満足していると語る。

ピエール・ガスリーは、金曜フリー走行2回目にクラッシュしてマシンを大破させ、レッドブル・ホンダは一晩で彼のRB15を大規模に組み立て直すことを余儀なくされた。

ピエール・ガスリー 「4番グリッド獲得という結果に満足している」

2019年7月28日
F1 ピエール・ガスリー ドイツGP
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ドイツGPの予選で4番グリッドを獲得した。

前日のフリー走行2回目にクラッシュを喫していたピエール・ガスリーだが、土曜日の走行セッションでも力強さを見せ、自身の予選最高位となる4番手を獲得した。

レッドブル、ピエール・ガスリーのサバイバルセルを交換して車検に合格

2019年7月27日
F1 レッドブル・ホンダ ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダは、ピエール・ガスリーのサバイバルセルを交換。無事に車検に合格し、ペナルティを回避した。

ピエール・ガスリーは、F1ドイツGPのフリー走行2回目の終了間際に最終コーナーでスライドをコースアウト。グラベルを越えてその先のコース外のバリアにクラッシュしてマシンを大きく破損。レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは“単純にドライビングのミス”だと語っていた。

レッドブルF1代表、ピエール・ガスリーのクラッシュは「苛立たしい事故」

2019年7月27日
F1 レッドブルF1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ドイツGPフリー走行2回目のピエール・ガスリーのクラッシュは“苛立たしい事故”だと語った。

フリー走行2回目の終了間際、ピエール・ガスリーは最終コーナーでコントロールを失ってバリアにクラッシュ。10Gの衝撃はガスリーのマシン左側に大きなダメージを与え、サスペンションとホイールを破壊した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム