ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2013年に何をしているかすぐに決めるつもりはないと述べた。

2010年にルノー(現ロータス)でF1デビューしたヴィタリー・ペトロフは、今シーズンからケータハムに移籍した。

最近、ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、2013年にむけて3チームと交渉していると述べていた。

「秋前にはいくつか決定するために準備しておかなければなりません。去年のような状況は望んでいませんからね」と述べたオクサナ・コサチェンコは、最優先はケータハム残留だと語っていた。

ヴィタリー・ペトロフは「8月が終わったら考えるよ」と f1news.ru にコメント。

「肝心なことは、チーム(ケータハム)が僕に満足してくれているということだ。彼らはプレスにそう言ってくれているし、個人的にも僕に言ってくれている」

ヴィタリー・ペトロフは、将来について“心配”はしていないと述べた。

「他の状況もあるかもしれないけど、良い結果を残せているし、チームとうまく働けているので、そうする理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ケータハム