ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2011年シーズンへの意気込みを語った。

ヴィタリー、ロータス・ルノーGPのドライバーとしてF1で2シーズン目を迎えますね。どのように感じていますか?
ここにいることを本当に誇りに思っているし、一緒に素晴らしい結果を成し遂げられると期待している。チームは僕に多くの信頼を示してくれたし、彼らが僕を信じてくれたのが正しいことだったとみんなに示すチャンスだ。

結果を出せると感じていますか?
僕にとって2010年が簡単ではなかったことは誰もが知っているけど、F1で1年過ごして、より自信を感じているし、2011年のチャレンジにむけて準備ができていると感じている。何を変える必要があるか、どこを改善できるはわかっているし、このチームのためにうまくやって、激しい戦いをしたいと思っている。

あなたはもうルーキーではありませんし、F1の作業を見てきました。今シーズンへのアプローチは変わりますか?
2010年は長いシーズンだったし、多くの事を学んだ。なので、当然より経験を積んだ良いドライバーとして戻れるだろう。今はF1が全てのレベルでどれだけ難しいか理解しているし、小さなミスで週末に大きな影響を与えてしまうことをわかっている。今年の焦点はすべてを確実にまとめて、セッションを最大限に生かし、週末ずっと集中したままでいることだ。

今年導入される新しいルール変更についてはどう思いますか?
F1にとって良いことだと思うし、チームがマシンの新技術から最大限を引き出すために長い間取り組んできたことはわかっている。僕にとって学んだり、適応しなければならないことは多くなる。KERSを使ったことはないし、可変リアウイングはみんなもとって新しい。でも、最大のチャレンジは新しいタイヤに慣れることだし、冬季テストの大部分はそれらを理解することにトライする。それがチームが直面する最大のタスクだと思う。

考えている今シーズンのゴールは何ですか?
答えるのがとても難しい質問だ。特に冬季テスト前はね。テストが始まっても、誰が本当に強くて、どのように比較すればいいかを知るのは難しい。バーレーンでの開幕戦で初めて、冬にわたって誰が最高の仕事をしたかがわかるだろう。なので、事実を知るまで目標を設定するのは難しいよ。

新しいシーズンにはどのように備えてきましたか?
家族や友人と休暇を過ごすためにロシアに帰っていた。完全にリラックスして、全てのスイッチを切るチャンスだった。そのあと、少しトレーニングを始めた。体力を維持するためにサッカーやクロスカウントリースキーなどをやっていたよ。1月初めにイングランドに引っ越して、チームとエンストンで多くの時間を過ごしてきた。エンジニアやメカニックといった周りの人々との関係を強化できるので、重要なことだと思う。ファクトリーの近くに住んで週末をそこで過ごすことによって、新シーズンに向けて出来る限りの準備ができると思っている。

関連:
ロータス・ルノーGP R31 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ルノー