ヴィタリー・ペトロフの2013年01月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ、マルシャとの交渉を否定

2013年1月22日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコは、マルシャとは交渉していないと述べた。

マルシャは、財政状況を理由にティモ・グロックとの契約を解消。後任にはペイドライバーが座ると考えられている。

後任候補には、ヴィタリー・ペトロフ、ブルーノ・セナ、ルイス・ラジアといったドライバーの名前が挙がっている。

ヴィタリー・ペトロフ、ケータハムとの交渉は難航

2013年1月15日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーは、ケータハムの2013年のシートが確定したとの報道を否定している。

ドイツのメディアは、ヴィタリー・ペトロフが新しいスポンサーを獲得したことで、ケータハム残留が確定したと報じていた。

しかし、ヴィタリー・ペトロフのマネジャーを務めるオクサナ・コサチェンコは「これまで、我々は新しいスポンサーを見つけられていません」と R-Sport にコメント。

ヴィタリー・ペトロフ、ケータハム残留が確定との報道

2013年1月7日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、ケータハム残留のための資金を確保したと報じられている。

ケータハムは、先週後半に2013年のシャルル・ピックのチームメイトを発表すると噂されていたが、発表はなされなかった。

フィンランドのメディアは、ケータハムがまだ“あらゆるオプション”を考慮しているためだと報じた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム