ヴィタリー・ペトロフの2012年12月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ、ケータハム残留が濃厚との報道

2012年12月28日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2013年もケータハムに残留すると Turun Sanomat が報じている。

今週、ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは「現時点で、我々側で必要な仕事は全て終わっています。決定するのはケータハムです」と述べていた。

2012年、ケータハムは、ヴィタリー・ペトロフとヘイキ・コバライネンを起用していたが、2013年にはシャルル・ピックがマシンの1台に乗ることを発表している。

ヴィタリー・ペトロフ 「ケータハムの決定を待っている」

2012年12月27日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2013年もF1に残留するかはケータハムにかかっている。

フォース・インディアにもまだ空席はあるが、ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、ケータハムの決定しか待っていないことを認めた。

「現時点で、我々側で必要な仕事は全て終わっています。決定するのはケータハムです」とオクサナ・コサチェンコは sportbox.ru にコメント。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム