ヴィタリー・ペトロフの2010年07月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ 「もう少し時間が欲しい」

2010年7月30日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、F1で彼の本当のポテンシャルを示すまでには時間が必要だと語る。

今年ルノーでF1デビューを果たしたヴィタリー・ペトロフだが、これまでチームメイトのロバート・クビサが89ポイントを獲得しているのに対し、7ポイントと差をつけられている。

ヴィタリー・ペトロフは、適応する時間があれば、F1で成功したキャリアを過ごすことができると主張する。

ヴィタリー・ペトロフ:F1ハンガリーGPプレビュー

2010年7月28日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー、先週末はドライコンディションで初めてF1ポイントを獲得しましたね。パフォーマンスには満足でしたか?
そうだね、もちろんポイント圏内に戻って、良いレースができたことは嬉しかった。僕にとってかなり面白いレースだった。周りのみんなと良いバトルができたし、クルマは運転しやすかった。レースの正しいタイミングでプッシュできて、ピットストップで2つ順位を上げることができた。そのあと、メルセデスの後ろだったけど、オーバーテイクする場所はなかった。

ルノー、2011年のヴィタリー・ペトロフ残留をほのめかす

2010年7月21日
ヴィタリー・ペトロフ
ルノーのチーム代表エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフが2011年のロバート・クビサのチームメイト候補から除外されているとの報道を否定した。

噂では、キミ・ライコネン、ニック・ハイドフェルド、小林可夢偉、ヘイキ・コバライネン、クリスチャン・クリエン、エイドリアン・スーティル、ティモ・グロックといったドライバーが、すでに来シーズンについてルノーと交渉しているかもしれないとされている。

ヴィタリー・ペトロフ:F1ドイツGPプレビュー

2010年7月21日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1ドイツGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー、シルバーストンを振り返ってみましょう。またしても有望なレースがパンクによって阻まれてしまいましたね・・・
レースは楽しかった。でも、もちろん結果は期待外れだった。パンクという不運にあたっときはほぼポイント圏内にいたので、良い結果が得られたかもしれない。でも、それはそれだし、それでもレースで52周全てを走り切れて良かったよ。クルマとロエトラックについて多くの情報が得られたし、特にロバートのレースが早くに終わってしまったので重要なことだった。

ヴィタリー・ペトロフの後任に小林可夢偉の名前も

2010年7月19日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2011年のルノーのロバート・クビサのチームメイトについての話題から外されている。

当初は単なるペイドライバーと分類されていたペトロフだが、これまでのシーズンでは堅実なパフォーマンスをみせている。

しかし、ルノーの上層部は、再び表彰台のトップに返り咲くべく、来年のオプションについて公然と他のドライバーの名前をあげている。

ルノー 「ペトロフの将来は彼自身にかかっている」

2010年7月15日
ヴィタリー・ペトロフ
ルノーは、ヴィタリー・ペトロフのチームでの将来は、彼自身が握っていると語る。

ルノーは、ロバート・クビサと2年間の契約延長を発表したが、2つ目のシートについては言及しておらず、キミ・ライコネンがペトロフの後任になるとも言われている。

ルノーのチーム代表エリック・ブーリエは、ここまでのペトロフのパフォーマンスに満足しているが、彼が一貫性を改善させ、ルノーがメルセデスGPからコンストラクターズ4位の座を奪うための助けになることを求めていると語る。

ヴィタリー・ペトロフ:F1イギリスGPプレビュー

2010年7月6日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー、バレンシアでの最後のレースはごたごたした週末でしたね。そこから何を学びましたか?
バレンシアではクルマに多くの新しいアップデートを持ち込んだので、クルマの感覚はかなり違っていたし、かなりドライビングスタイルを適応させなければならなかった。予選での結果には満足できたし、トップ10入りすることができた。でも、残念ながらQ3のための新品タイヤが残っていなくて、10番手から改善することができなかった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム