セルジオ・ペレス
ザウバーでシート合わせを終えたセルジオ・ペレスが、2011年のザウバーでのF1デビューに向けての抱負を語った。

ヒンウィルを訪れた目的は何だったのですか?
将来のチームに会って、また僕が生きていくことになる場所を見つけるためにここに来た。最初のシーズンは、ファクトリーと緊密になって出来るだけ彼らと多くの時間を過ごしたい。その経験を楽しみにしているし、ザウバーチームと成功したい。彼らは素晴らしい人々の集団だと思う。とても歓迎してくれたし、本当に嬉しく思っている。お互いを十分に知るためにエンジニアとかなり多くの作業をした。全体的に見えて、素晴らしい経験だったね。

ファクトリーの印象はいかがでしたか?
素晴らしいファクトリーだし、本当に大きい。ここには競争力なF1カーを造り、成功するために必要なあらゆる環境とリソースがあると思う。来シーズンに向けて全てをうまく準備できることを願っているし、僕たちは良いクルマを持つことになると思う。

初めてF1カーをドライブするのはいつですか?
11月17日のアブダビだ。GP2最終戦直後の水曜日に一日走ってみて、次がどうなるか様子を見てみる予定だ。

小林可夢偉のことはどれくらい知っていますか?
2009年にGP2でレースをしていたので少し知っている。彼は素晴らしいドライバーだと思うし、彼を高く評価している。また彼はF1で本当に印象的なレースをしているので、僕にとって非常に良いベンチマークになると思う。出来る限り最高の結果を達成するために一緒に働き、クルマを開発していかなければならない。

F1契約はあなたにとってどのような意味がありますか?
夢が実現するということだ。僕は6歳でレースを始めて、F1にたどり着くためにずっとプッシュしてきた。15歳で一人でヨーロッパに行ったとき、実際にはドイツだったんだけど、とても厳しい時間を過ごした。厳しかったけど、僕はチャンスを掴んだ。今はF1で成功したいと思っている。

レースの魅力はなんですか?
競争だ。僕は競争が好きなんだ。毎日でもね。運転だけでなく、肉体面や精神面も好きだ。

画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ザウバー