パストール・マルドナド
今年のGP2チャンピオンを獲得したパストール・マルドナドは、2011年に小林可夢偉と並んでザウバーのレースシートを獲得することを願っていた。

ニコラス・トッドがマネジメントを務める25歳のパストール・マルドナドは、ベネズエラの石油会社PDVSAとベネズエラのウゴ・チャベス大統領も支援している。

ブラジル人ジャーナリストのリビオ・オリキオによると、パストール・マルドナドは先月のモンツァで「ペーター・ザウバーと何度かミーティングを行っている」と述べていたという。

「すべてはテーブルに並んでいる。F1に挑戦する準備ができているドライバーとしての僕の経験と成長、僕たちがどのような投資ができるかを詳しく述べている」とパストール・マルドナドはコメント。

「PDVSAは、僕たちのブロジェクトにとって重要であり、僕たちのパッケージがとてもいいことはわかっている。でも、ザウバーの場所を争っているのが僕だけではないのはわかっている」

「バラストをたくさん持った人々が勝負のなかにいる」

ザウバーは4日、パストール・マルドナドに次ぐ2位で今シーズンのGP2を終えたメキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスが2011年の小林可夢偉のチームメイトになることを発表した。

また、セルジオ・ペレスのスポンサーであるテルメックスもザウバーに加入することが発表された。

リビオ・オリキオは「ペーター・ザウバーはミスの多い経験不足のドライバーは好まない」とコメント。

「しかし、スイスにはほとんど選択肢がなかった。ウゴ・チャベスかカルロス・スリムの提案を受け入れるか、来年の世界選手権でレースをしないかだった」

「シーズンで3,000万ユーロを投資するスポンサーを獲得することは非常に難しい。テルメックスとの交渉はその範囲内だったと思う」


関連:
ザウバー、テルメックスとのスポンサー契約を発表
ザウバー、2011年のセルジオ・ペレスとの契約を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ザウバー / GP2 / パストール・マルドナド