セルジオ・ペレス 「良い戦略を用意してマシンのペースを活かす必要がある」 / レッドブルF1 イタリアGP 予選
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1イタリアGPの予選で4番手タイムをマーク。決勝は10番グリッドからのスタートとなる。

4基目のICE投入で10グリッド降格が決定していたセルジオ・ペレスは、カルロス・サインツ(フェラーリ)に次ぐ4番手のタイムを記録。他車のペナルティ適用後、決勝は10番グリッドからのスタートとなる。

「今日は良い結果だと言えるし、明日は戦えるはずだ。僕たちのレースペースならギャップを縮めていけるので、レースが楽しみだ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「個人的には最高のラップとは言えなかったけれど、感触は悪くなかった。明日に向けてパフォーマンスを最大化し、集中する必要がある。ここではフェラーリ勢が非常に速いことは分かっていたので、予選結果はそれほど驚いていない。彼らはレースでも強力だと思う」

「現状では少しペースが足りないので、レース前に今日の内容から確認すべき点がいくつかある。自分たちが手にしているものを最大限に活用しなければならない」

「このサーキットのDRSストレート区間はとても厄介で、他のマシンに数周引っかかってしまえばレースにかなり大きな影響が出る。パスが難しいので、良い戦略を用意してマシンのペースを正しく活かす必要がある。ポジションを上げるにはこれがとても重要だ」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1イタリアGP