レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「RB18はイニシャルセットアップからすぐに快適」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、2022年F1マシンであるRB18は、昨シーズンとはまったく対照的に各グランプリウィークエンドの開始時からすぐに全力で取り組むことができると語る。

レッドブル・レーシングでの初年度だった2021年は、セルジオ・ペレスは、各グランプリがスタートしたとき、快適なイニシャルセットアップを見つけるのに苦労した。

チームで長年の経験を持つチームメイトのマックス・フェルスタッペンとは異なり、RB16Bは2020年の終わりにレーシング・ポイントを離れた後、セルジオ・ペレスにとってまったく新しい環境だった。

これは、セルジオ・ペレスの周りの新しいチームとの融合に加えて、車自体にかなり慣れる必要があることを意味した。つまり、ペレスは週末のスタートで後手に回ることが多く、ベースラインのセットアップを求める一方で、マックス・フェルスタッペンはまっすぐに週末に入ることができ、より多くのパフォーマンスを解き放つことができていた。

だが、そのダイナミクスは2022年に完全に変化した。F1レギュレーションの抜本的な変更によって、F1ドライバーの車に対する経験がリセットされた。つまり、セルジオ・ペレスは基本的に白紙から始めることができ、マックス・フェルスタッペンと平等な関係を築くことができた。

そのリセットは今年これまでのところ明らかに配当を生み出しており、セルジオ・ペレスは現在ドライバーズチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンから46ポイント差の2位につけている。今年、ペレスは4回の2位フィニッシュ、そして、モナコで初勝利と、明確な一歩を踏み出した。

「そうだね、去年よりも間違いなく車を快適に感じている」とセルジオ・ペレスはF1カナダGPの週末にメディアに語った。

「たとえば、昨年の車は適応するのに少し時間がかかったけど、今年はFP1からすでに車を最大限に活用する方法ではなく、車の作業を開始できていると感じている。

「それは週末の大きな違いだ。予選に入るときにはるかに準備ができている。同様に、レースに入るときも、良いプラットフォームを得られていると思う。車に自信を持っていて、車を最大限に活用するためにチームと何をしなければならないかを把握している」

セルジオ・ペレスは、F1カナダGPをギアボックスの問題によって早期にリタイアした。これは、2022年シーズンの2度目のリタイアとなる。レッドブル・レーシングは確認していないが、土曜日の予選でバリアにぶつかったことで、この問題が引き起こされた可能性がある。

セルジオ・ペレスは、彼の視点から問題を説明した。

「ドライブを失い、ギアが詰まったように感じた」とセルジオ・ペレスはSky F1に語った。

「実際に何が起こったのか分からない。完璧ではなかったけど、それでも素晴らしい結果に向けて順調に進んでいたと信じた週末をゼロポイントで去るのは非常に残念な日だった。今年、これらの問題は非常に痛手となるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル