セルジオ・ペレス、Q2でクラッシュ 「僕のミス。チームに迷惑をかけた」 / レッドブル・レーシング F1カナダGP 予選
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選を13番手で終えた。

セルジオ・ペレスは予選Q2でバリアにクラッシュして敗退が決定。ターン3でコントロールを失ったペレスは、そのままフロントから左サイドのバリアへ突っ込んでしまった。マシンの回収作業とバリアの確認作業が必要になったため、セッションは赤旗中断となった。

「もっと上のグリッドに並べるペースが得られていたと思うので、今日の結果は痛い」とセルジオ・ペレスはコメント。

「僕のミスだ。僕が失敗してしまったので、チームに申し訳ない。彼らを落胆させてしまった」

「ブレーキに少し苦しんでいた。(クラッシュの)前の周でブレーキが冷えていて、ターン10でロックアップさせてしまい、フラットスポットができていた。つまり、悪い状態でターン3へ向かってしまったということだ。焦らず慎重に走ることもできたかもしれないが、タイヤに熱を入れようとした結果、リミットを超えてロックアップさせてしまい、チームに迷惑をかけてしまった」

「「すでに明日に向けて気持ちを切り替えている。リカバリーして十分なポイント持ち帰れることを願っている。オープニングラップからアタックするつもりだ。非常に速いマシンが手に入っているので、どうなるか見守りたい」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 カナダグランプリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1カナダGP