セルジオ・ペレス 「アストンマーティンF1のタイトル獲得は実現可能」
アストンマーティンは、F1タイトル獲得を目標にした計画を進めており、昨年までチームのドライバーを務めたセルジオ・ペレスはそれは実現可能なことだと考えている。

今年、レッドブル・ホンダに移籍したセルジオ・ペレスは、2014年から2020年までフォース・インディア、そして、レーシング・ポイントとして知られた現アストンマーティンF1でドライブしてきた。

アストンマーティンF1が2021年のドライバーとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを獲得することを決定したことで、セルジオ・ペレスは2020年シーズン末にチームを離れることになったが、チームの多くのスタッフとの友情を維持している。

アストンマーティンF1のオーナーであるローレンス・ストロールは、F1タイトル獲得という目標を“4年から6年”以内に達成したいと考えており、そのためにはF1ワールドチャンピオン経験者が必要だと語っていた。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、新しいレギュレーションが導入される2022年にF1タイトルに挑戦でできることをを望んでいるが、メルセデスを例に挙げ、現実的にはもっと長い時間が必要であることを分かっていると語る。

「来年に一生懸命に取り組んでいる。来年ワールドタイトルを獲得するためにベストを尽くしていく。しかし、歴史的に見ると、インフラストラクチャを整備し、人々が世界選手権に挑戦できるようになるまでには時間がかかる」とオトマー・サフナウアーは Racer.com に語った。

「ワールドチャンピオンであるブラウンGPを購入したメルセデスでさえ、勝つためにさらに4年かかった」

一方、ランス・ストロールの5か年計画について質問されたセルジオ・ペレスはそれが現実的であると感じていると語る。

「5年以内に多くのことが起こる可能性があるのは確かだ」とセルジオ・ペレスは RaceFans.net に語った。

「そして、ローレンス、彼のチームは、F1のことを知っていると思う。成功するには長い時間がかかる可能性がある」

セルジオ・ペレスは、アストンマーティンF1のスタッフは“非常に優れた人たち”だと語り、チームの成長率が将来のタイトルチャレンジの背後にある主な要因になると感じている。

「彼らには、アンディ(スティーブソン)、オトマー、そして、すべてのシニアメンバー、すべてのエンジニアに非常に優秀な人々がいる。彼らは非常に強い人々だ」とセルジオ・ペレスは説明する。

「問題は、彼らがどれだけ早く成長できるか、どれだけ早くチーム全体を統合したいかということだと思うけど、彼らには非常に優秀な人材がいるのは確かだ」

「そして、彼らが何年も一緒にいることを本当に望んでいる。あのチームは、歴史的に人々とチームメンバーの団結に非常に強いつながりを持っているからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / アストンマーティン