レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「パトリシオ・オワードはF1で十分に通用する」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、同じメキシコ出身のパトリシオ・オワードは、F1で十分に通用する才能を持っていると考えている。

アロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦するパトリシオ・オワードは、2021年に素晴らしいスタートを切っており、前戦デトロイトでは今季2勝目を上げてチャンピオンシップをリードしている。

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンとの賭けにより、インディカーで勝利を挙げたパトリシオ・パワードは、アブダビで開催されるポストシーズンテストでマクラーレンのF1マシンをテストするチャンスを獲得した。

マクラーレンとの繋がりにより、パトリシオ・オワードはいつかF1グリッドに参加するとの噂に繋がっている。

セルジオ・ペレスは、才能の面ではパトリシオ・オワードはF1で十分に通用すると考えている。

「素晴らしかったね。2つの週末で、僕たちがF1で優勝し、次にインディカーで優勝したので、僕たちの国にとって素晴らしいことだ」とセルジオ・ペレスは語った。

「正直、パトは素晴らしい才能だと思う。インディカーがF1とどれだけ違うか、そして。彼がF1にどれだけ早く適応できるかの問題だけだと思う」

「彼には世界最高のドライバーと競争する才能があるのは確かだと思う」

パトリシオ・オワードと同じように、セルジオ・ペレスはF1アゼルバイジャンGPで勝利を収め、通算2勝目を挙げた。

レースの大部分でセルジオ・ペレスは常にDRS圏内にいたルイス・ハミルトンを抑えた。

二人が互角に戦えるマシンで直接対決したのは初めてであり、それによってセルジオ・ペレスは7回のF1ワールドチャンピオンをより理解できたと語る。

「メルセデスに乗っているハミルトンを抑えるのは他のドライバーと同じではない」とセルジオ・ペレスは語った。

「彼がどれほど優れているか、彼がどのように彼のキャリアを管理しているか、彼がプッシュする瞬間、彼がセーブ瞬間などを理解することができた」

「これは僕のキャリア全体で彼との最も近いレースだったと思う。彼の振る舞いについて多くのことを理解した。彼は基本的に最初から最後まで息つく暇も与えてくれなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1