レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「昨年のシート喪失に対する反応は過剰だった」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、昨年末に現アストンマーティンがセバスチャン・ベッテルを迎え入れるために自分を放出したことに対する反応は過剰だったと考えている。

フェラーリF1から戦力外通告を叩きつけられた4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、当時レーシング・ポイントとして知られ、2021年から新たにアストンマーティンF1にフランド変更するチームと契約し、新しい章を担うことになった。

しかし、ローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールが1つのシートに座ることで、非常に経験豊富で尊敬されているセルジオ・ペレスがシートを譲らなければならなかった。

だが、レッドブル・ホンダが最終的にマックス・フェルスタッペンとのメルセデスとの戦いに加勢することができるドライバーとしてセルジオ・ペレスに白羽の矢を立てたことで、ペレスの悪い状況は一気に好転した。

しかし、昨年を振り返ったセルジオ・ペレスは、アストンマーティンF1との出来事について長引くような不快感はなく、起こったことはF1の冷酷な世界の一部にすぎないと語る。

「それは良いニュースではなかったけど、最低点のようだったとも言えない」とセルジオ・ペレスは Sky F1 に語った。

「外部の人は『それは惨事だ』と考えたと思うけど、正直言って、僕にとってはそうではなかった」

「F1に入るとき、それは永遠ではなく、いつの日かそこから抜けることになるのは分かっていることだと思う」

「それがスポーツの性質だし、とにかくそれに備える必要がある。あらゆる機会にできる限りのことを提供し、満足する必要がある」

ターボハイブリッド時代に2つの異なるF1チームをでレース優勝を経験したセルジオ・ペレスは、特に予選に関しては、レッドブル・ホンダでまだ改善の余地があると感じている。

「僕たちは良い仕事をしているけど、僕の側では、今後のレースで最も改善するのは自分だとまだ信じている。僕たちはチームとして最初の数レースで多くのことをしたけど、これからもっと多くの改善があるはずだ」

「特にモナコのQ3はそうだったと思う。ポールポジションを獲得できるペースはなかったけど、P9で予選を通過するべきではなかった。それは基本的に僕たちの週末を台無しにした」

「そこが僕が改善できる可能性が最も高いエリアであることは確かだ。僕たちは良いマシンと競争力のあるパッケージを持っているけど、競争を忘れてならない」

「以前と同じように2つのチームしかいないわけではない。今では、週末に3~4チームが、強力な結果をもたらすことができる。だから、僕たちにとって全てを正しく行うことが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1