セルジオ・ペレス 「マシンには1-2フィニッシュも可能なペースがあった」 / F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの決勝を12位でフィニッシュ(11位に昇格)。ミスによって結果を出せなかったことを悔やんだ。

2番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスは、厳しい路面コンディションもあり、オープニグラップで4番手にポジションを落としてしまう。この直後にアクシデントが発生し、セーフティカー(SC)導入となった。

SC走行が明ける直前に、ペレスはターン9でコースアウトし、2台に抜かれる。この際に、コース復帰後すぐにポジションを戻したものの、これがSC走行中の追い越し行為と裁定され、タイムペナルティーを科される。

34周目にジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)とバルテリ・ボッタス(メルセデス)が激しくクラッシュし、レースは赤旗中断となる。中断前にペナルティ ーを消化していたセルジオ・ペレスはソフトを装着して4番手までポジションを戻す。しかし、その後ターン6でスピンしてしまい、最終的に12位でチェッカーを受けた。

「今日のコンディションはとても難しく、いくつかのミスが結果に響いてしまった」とセルジオ・ペレスはコメント。

「タイヤを一定の温度に保つのに苦しみ、セーフティカー走行中にコントロールを失って、10秒ペナルティーにつながってしまった。もちろん、マシンに慣れることや今日の出来事から学ぶことは重要だけど、気分は落ち込んでいて、自分自身にがっかりしているし、チームにもとても申し訳ない」

「リスタートの時点では表彰台は狙えると思っていたし、マシンのペースもよかったですので、1-2フィニッシュも可能だったと思う。今は次のレースに切り替え、チームとハードワークをして、強くなって戻ってきたいと思う」

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP 決勝 結果
1.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.ランド・ノリス(マクラーレン)
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
5.カルロス・サインツ(フェラーリ)
6.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
7.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
8.ランス・ストロール(アストンマーティン)
9.エステバン・オコン(アルピーヌ)
10.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
11.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
12.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
13.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
15.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
16.ミック・シューマッハ(ハース)
17.ニキータ・マゼピン(ハース)
DNF.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
DNF.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
DNF.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP