レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「予選でリスクと取り続ける必要がある」 / F1エミリア・ロマーニャGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年の開幕戦F1バーレーンGPの予選でQ2敗退を喫したにも関わらず、チームはまだ予選で大胆な戦略を取らなければならないと主張する。

最近のシーズンで、レッドブルは予選Q2でメルセデスとは逆のアプローチを選択してレース戦略で優位に立つことを試みてきた。このアプローチは2020年のF1 70周年記念GPでレッドブル・ホンダがメルセデスを倒すのに役立った。マックス・フェルスタッペンはメルセデス勢よりも1段階硬いタイヤで早期のアドバンテージを得た。

レッドブル・ホンダF1が最速のマシンを持っていることが確認されたF1バーレーンGPでは、両方のチームが繊細なソフトタイヤでスタートすることを避けるたえにミディアムタイヤでQ3進出を目指した。

マックス・フェルスタッペン、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス、そして、アルファタウリ・ホンダのピエールガスリーは、ミディアムタイヤでQ3進出に成功したが、セルジオ・ペレスはQ2で敗退した。決勝ではフォーメーションラップでF1マシンがシャットダウンするというトラブルに見舞われたピットレーンからスタートし、最終的に5位でレースをフィニッシュしている。

このような戦術は新しいチャレンジだったかと質問されたセルジオ・ペレスは「いいや、それほどでもない」と語り、レッドブル・ホンダは2021年の序列が変更されたとしても予選でそのような戦略を続けるべきだと続けた。

F1バーレーンGPで何が悪かったのかについて「1回目の走行の終わりに戦略を転換することもできた。でも、あるコーナーでミスをして片0.3秒を失っていたので、かなり自信を持っていた。なので、ラップタイムを出すことができるだろうとかなり自信があった」とセルジオ・ペレスは説明する。

「ブレーキに少し問題があったけど、それは後になってわかった。今は何が悪かったのか理科敷いている。その問題がなければ、間違いなく通過できていたと思う」

「正しいことをしたと思う。マシンがあり、最大の結果を利用するためには、可能な限り最善の戦略をとらなければならない。それがリスクを取ることを意味するなら、僕たちはそれらを取るなければならない」

「僕たちにペースがあると思ったことを考えれば、間違いなく正しいことをしたと思う」

今週末のF1エミリア・ロマーニャGPの目標についてセルジオ・ペレスは「マシンへの適応に関してもう一歩を踏み出すことだ」と語った。

「僕はまだそこにいない。イモタはバーレーンと比較して中低速コーナーが多く、アスファルトも非常に異なるので、今週末、非常に異なるレーストラックで、非常に異なるニーズに適応できれば、いい感じだと思う」

「バーレーンに比べて非常にユニークな場所になので助けになるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP