セルジオ・ペレス 「まだマシンを手中に収めている感じではない」 / レッドブル・レーシング・ホンダ F1バーレーンGP 初日
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGP初日のフリー走行を10番手タイムで終えた。

今季からレッドブル・レーシング・ホンダに移籍したセルジオ・ペレスは、チームとの最初の公式セッションとなったFP1で6番手タイムをマーク。

夕刻から行われたFP2では前半に行ったタイムアタックで10番手タイムを記録。チームメイトのマックス・フェルスタッペンとは両方のセッションで約0.6秒の差があり、「まだマシンを手中に収めている感じではない」と語った。

「いよいよレースウイークが始まり、素晴らしい気分だ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「ここまで順調にきていることに満足しているし、落ち着いて仕事に取り組み、前進することができている」

「今日走ってみての感触としては、1周を通してまだマシンを手中に収めている感じではなく、マシンの挙動について一つ一つ理解を深めなくてはいけない段階であり、特にショートランに課題があると思っている。一方で、ロングランでは快適に走行できて、ペースもよかった」

「ソフトタイヤでの走りに改善点があると思うけど、マシンのパフォーマンスはよく、いいペースがある。明日の予選は僅差の戦いになるはずなので、正しい方向性で取り組み、いいシーズンのスタートを切れればと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1バーレーンGP