セルジオ・ペレス、レッドブル・ホンダF1移籍の可能性が再浮上
セルジオ・ペレスが、2021年にレッドブル・ホンダF1でマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務める可能性が再浮上している。

フォース・インディア時代からチームに所属していたセルジオ・ペレスだが、フェラーリを放出されたセバスチャン・ベッテルの加入によって2021年にアストンマーティンに名前を変えるチームのF1シートを喪失することになった。

一方、レッドブル・ホンダF1は、苦戦しているアレクサンダー・アルボンをサポートし続けると繰り返しているが、ここへ来て、様々な政治的な動きが出てきている。

レッドブルは、アレクサンダー・アルボンの母国タイの創業者一族ユーウィッタヤー家が株式の51%を保有しており、アルボンを起用し続けているのはそれも要因にあるとの見方がある。

だが、ホンダがF1から撤退したことで、レッドブルは角田裕毅を起用するという“義務”から解放されたことで、アレクサンダー・アルボンのためにアルファタウリ・ホンダF1のシートを用意することができる。

そして、現在、アレクサンダー・アルボンの後任として候補に挙げられているのが、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスだ。

La Gazzetta delloSport によると、ニコ・ヒュルケンベルグの人気はレッドブルにとって重要なドイツ市場でエナジードリンクを販売するのを助け、時にセルジオ・ペレスはタイトルスポンサーであるアストンマーティンを失った穴を埋める主要なメキシコのスポンサーをもたらすと報じている。

レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは、アルファタウリのチームとブランドに大きな計画を立てており、ピエール・ガスリーをリードドライバーに据えるとしている。元々ナンバー1ドライバー気質のガスリーのレッドブルへの復帰はないと考えられている。

「彼はアルファタウリにフィットしている。彼らはチームとしての志望が変わったので、経験豊富で競争力のあるドライバーが必要だ」とレッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも語っている。

クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンがマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして「好ましい選択」である一方で、「他の選択肢がどうなっているかを知っておく必要がある」と付け加えた。

また、興味深いことに、セルジオ・ペレスのレッドブル・ホンダF1移籍の噂は、ロシアの実業家であるドミトリー・マゼピンが息子ニキータ・マゼピンのためにハースF1を買収することに本腰を入れているとの報道に続いてのものだ。

これまで、セルジオ・ペレスは、2021年のハースのF1シートの最有力候補と見なされていた。しかし、ハースにF1エンジンを供給するフェラーリは育成ドライバーの一人を乗せるために交渉しているとされ、ドミトリー・マゼピンが息子のためのシートを買収すれば、ペレスの居場所はなくなる。

一方、セルジオ・ペレスは2021年にF1を離れる可能性も認めている。

「トレーニングをやり続けて、毎ラップで100%を出し切るにはモチベーションが必要だ。僕にモチベーションを与えてくれるプロジェクトでなければならない。そうでなければ、続けることはないだろう」

マクラーレンは、セルジオ・ペレスをインディカーで起用することを検討していると述べているが、それもペレスのメキシコからのスポンサーマネーありきだとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1