F1 セルジオ・ペレス フォース・インディア
フォース・インディアのセルジオ・ペレスは、今シーズンのF1でオーバーテイクがこれまで以上に難しいものになってしまっているのは、新たに導入されたコックピット保護デザインの“ヘイロー”のレイアウトとピレリが投入した2018年仕様のF1タイヤによるところが大きいと考えている。

先週末にF1カナダGPが開催されたジル・ヴィルヌーブ・サーキットは、これまでオーバーテイクがしやすいサーキットだと認識されてきた。

しかし、今年のレースでは、コース上でのオーバーテイクはそれほど見られず、モナコGPに続いて退屈なレースだったとの声が挙がっている。

フェラーリのキミ・ライコネンは「このトラックはオーバーテイクやバトルが見れると思っていたけど、そうではなく2週間前のモナコと同じようなストーリーになったのは驚きだった。レースは退屈だったし、あまり多くのことは起こらなかった」と語っている。

F1のモータースポーツディレクターを務めるロス・ブラウンはカナダGP後、「モナコやカナダでは、レースそのものよりも予選の方がエキサイティングだったという意見に同意せざるを得ない」とコメント。

「モナコでは仕方ないことかもしれないが、モントリオールでは最後の最後まで勝者がわからないことが普通だった」

しかし、F1カナダGPで今季3勝目をあげたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は「最近、みんなはとても短絡的に物事を見ていると思うし、気に入らないよ」とコメント。

「僕たちは今年7戦を終えたけれど、退屈なレースもあったけど、いくつかは素晴らしかったレースだったと思う」

「でも、来週にはワールドカップが始まるけれど、僕はエキサイティングではない試合もたくさんあると断言していい。それでもみんなは見るだろうけどね」

ロス・ブラウンもこのセバスチャン・ベッテルに同意すると語る。

「私もベッテルと同じ意見だ。決してすべてのレースがエキサイティングなものになるわけではない。我々がそれを求めているがね」

「いずれにしても、みんなはこのF1を見るだろう。ベッテル同様、私もサッカーファンだしね」

ロス・ブラウンは、F1のオーナーであるリバティ・メディアは、このような問題を解決するためにF1チームの予算に上限を設けて各チームのパフォーマンス格差をなくすることに取り組んでいるのだと付け加えた。

しかし、セルジオ・ペレスは、今年のカナダGPが退屈なレースとなった理由はそれだけではないと考えている。

「オーバーテイクは不可能だった。このクルマでは他のクルマに追従することはできないし、大きなアドバンテージがない限り抜くことはできない」とセルジオ・ペレスは Speedweek にコメント。

「なぜ、あれほどオーバーテイクが不可能な状態だったのか僕にはよく理解できない」

「今年のクルマはヘイローが搭載されたことでこれまでよりも重くなっているし、そのせいもあるだろう。でも、オーバーテイクするために必要なデルタかなり大きなものになっている」

「ピレリが何か劇的なことをしない限り、これからずっと退屈なレースになるかもしれないね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア