セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、今シーズン限りでマクラーレンを離れることを発表した。

今年ルイス・ハミルトンの後任としてザウバーからマクラーレンに移籍したセルジオ・ペレスだが、わずか1年でチームを離れることになった。

後任には、フォーミュラ・ルノー3.5でチャンピオンを獲得したマクラーレンの育成ドライバーであるケビン・マグヌッセンが座るとみられている。

「今シーズン、マクラーレンと一緒に戦うチャンスを与えてくれたことを感謝したい」とセルジオ・ペレスは公式サイトで述べた。

「スポーツで最もコンペティティブなチームのひとつにいられたことは僕にとって名誉なことだったし、彼らに加わったことはまったく後悔していない」

「僕は常に自分のベストを尽くしてきた。でも、歴史的なチームで目指したものを達成することができなかった」

「残り2レース、特にオースティンでは良い結果を残すことに専念する」

「身内が全員集まり、彼らのエネルギーを感じ、僕のベストを見せるのを本当に楽しみにしている。母国、そして世界中のファンに感謝の気持ちを伝えたい。特にこのような難しい瞬間でも、彼らは僕を励ましてくれた。彼らのサポートに本当に感謝しているし、決して忘れない」

「今シーズン、マクラーレンで多くの新しい人と会い、多くの友人もできた。トップマネジメントとからマーケティング、アカウンティング、エンジニアリング部門のメカニック、コック、ケータリングの人々まで、基本的にチームの全員だ。永遠に感謝しているし、僕にとって学習経験だった」

現在、セルジオ・ペレスは来シーズンのシートを確保することに集中していると述べた。

「今後のチームの幸運を心から祈りたい」

「その一方で、僕は勝利を争うための最高のパッケージのなかで自分のポジションを確保することを目指している」

「マクラーレン、そして今シーズンの彼らのスペ手のパートナーに感謝している大丈夫だし、僕は決してあきらめない」

セルジオ・ペレスの声明を受け、マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは AUTOSPORT に「まずなにより、チェコの心から丁寧な声明、そして2013年F1シーズン、立派なチームメンバーであったことにに感謝したい」とコメント。

「まだ今年2つのグランプリがあるし、我々の総合的な焦点は、それら残りの2レースで出来る限り多くのポイントを獲得することだ」

「チェコは、マクラーレンでの時間の間に多くの友人を作った。チームとして、我々は一体となって彼の1年を2つの良い結果で終えるのを助けるために全力を尽くす。特にここオースティンには多くの彼のファンがいる」

「我々は彼の将来の幸運を祈っている。彼の先には多くの成功があると確信している」

マーティン・ウィットマーシュは、まだセルジオ・ペレスの後任ドライバーとは契約していないと述べた。

「来年のドライバーラインナップに関しては、まだジェンソン以外のドライバーとはサインしていない。したがって、この時点で発表することは何もない。状況に進展があった場合のみ、それに応じてさらなる発表をする」

セルジオ・ペレス マクラーレン離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | マクラーレン