セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、2014年のマクラーレン残留の決定がなされていることをほのめかした。

マクラーレンは、今年ザウバーからマクラーレに移籍したセルジオ・ペレスが、2014年もジェンソン・バトンとともにチームに残留することになりそうだとだけ述べている。

セルジオ・ペレスは、競争力のないマシンで難しいマクラーレン初年度を過ごしている。

マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるサム・マイケルは「難しい一年だった」とインドでコメント。

「その多くは自分たち自身によって負わされたものだ。クルマが十分に速くなかった」

サム・マイケルは、マクラーレンはジェンソン・バトンとセルジオ・ペレスに」本当に満足している」と述べ、2014年も両ドライバーを継続のは「最も可能性が高い」と繰り返し述べている。

だが、噂では、マクラーレンの育成ドライバーであるケビン・マグヌッセン、さらにはフェルナンド・アロンソがセルジオ・ペレスと交代でマクラーレンへ加入するとの話が絶えない。

だが、セルジオ・ペレスは、1シーズンだけでマクラーレのシートを失う可能性は“ほとんどない”と述べた。

マクラーレンの決定について質問されたセルジオ・ペレスは、サム・マイケルの方を向いて微笑みながら「決定はなされたと尋ねることができると思う」と述べた。

「僕はここにいると確信している」

「他チームを求める必要はない。このチームと一緒に戻ってくると思う」

関連:セルジオ・ペレス、マクラーレン離脱を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / マクラーレン