セルジオ・ペレスの2010年10月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス、テルメックスのザウバー買収を否定

2010年10月27日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、彼のスポンサーであるテルメックスがザウバーの支配権を買収しようとしているとの報道を否定した。

メキシコの通信会社テルメックスは、ザウバーの来季マシンC30にかなり大きなロゴを掲載するとみられており、オーナーのカルロス・スリムは最近何度もグランプリに顔を出している。

しかし、ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、チーム売却を否定。テルメックスとの契約はより大きな関与への前兆というよりも「商業的な提携」であると述べていた。

セルジオ・ペレス Q&A:F1デビューに向けて

2010年10月15日
セルジオ・ペレス
ザウバーでシート合わせを終えたセルジオ・ペレスが、2011年のザウバーでのF1デビューに向けての抱負を語った。

ヒンウィルを訪れた目的は何だったのですか?
将来のチームに会って、また僕が生きていくことになる場所を見つけるためにここに来た。最初のシーズンは、ファクトリーと緊密になって出来るだけ彼らと多くの時間を過ごしたい。その経験を楽しみにしているし、ザウバーチームと成功したい。彼らは素晴らしい人々の集団だと思う。とても歓迎してくれたし、本当に嬉しく思っている。お互いを十分に知るためにエンジニアとかなり多くの作業をした。全体的に見えて、素晴らしい経験だったね。

ザウバー 「セルジオ・ペレスとの契約はリスクではない」

2010年10月14日
セルジオ・ペレス
ザウバーは、来年のレースドライバーとしてセルジオ・ペレスと契約したことはリスクではないと考えている。

今年のGP2を総合2位で終えたメキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスは、2011年に小林可夢偉のチームメイトとしてザウバーに加わる。

セルジオ・ペレスはまだF1マシンをドライブしたことはないが、ザウバーのマネージングディレクターを務めるモニシャ・カルテンボーンは、今シーズン前に2戦しか参戦していなかった小林可夢偉を雇うよりもリスクは大きくないと考えている。

セルジオ・ペレス、ザウバーでシート合わせ

2010年10月13日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ザウバーのファクトリーを訪れシート合わせを行った。

2011年にザウバーのレースドライバーとしてF1デビューを果たすセルジオ・ペレス。まだF1マシンをドライブしたことのないセルジオ・ペレスだが、シーズン最終戦アブダビGP後に行われる若手ドライバーテストでザウバーのF1マシンを初走行する。

「ザウバーで僕のシートが完成した。かなり長い一日だったよ!周りの人々にもとても満足してる」とセルジオ・ペレスは自身のTwitterに投稿。

セルジオ・ペレス、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入

2010年10月8日
セルジオ・ペレス
フェラーリは、2011年にザウバーのレースドライバーとして契約したセルジオ・ペレスが、若手ドライバープログラムに加入したことを発表した。

GP2で印象的なパフォーマンスをみせたメキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスは、2011年からフェラーリ製エンジンを搭載するザウバーでF1デビューを果たす。

ザウバーとフェラーリの関係により、セルジオ・ペレスはフェラーリ・ドライバー・アカデミーと契約。

テルメックス、ザウバーへの部分的な介入を否定

2010年10月6日
テルメックス セルジオ・ペレス
ザウバーの新しいスポンサーであるテルメックスは、チームへの部分的な介入を否定している。

メキシコの大富豪カルロス・スリムがオーナーを務めるテルメックスは、来年ザウバーのドライバーとして契約したセルジオ・ペレスとともに、来年のザウバー C30で大きなスポンサースペースを占めることになる。

しかし、チーム代表のペーター・ザウバーは、テルメックスへのチーム売却を否定。契約はスポンサーのみだと主張している。

セルジオ・ペレスとのシート争いに敗れたパストール・マルドナド

2010年10月5日
パストール・マルドナド
今年のGP2チャンピオンを獲得したパストール・マルドナドは、2011年に小林可夢偉と並んでザウバーのレースシートを獲得することを願っていた。

ニコラス・トッドがマネジメントを務める25歳のパストール・マルドナドは、ベネズエラの石油会社PDVSAとベネズエラのウゴ・チャベス大統領も支援している。

ブラジル人ジャーナリストのリビオ・オリキオによると、パストール・マルドナドは先月のモンツァで「ペーター・ザウバーと何度かミーティングを行っている」と述べていたという。

セルジオ・ペレス ヘルメット (2010年)

2010年10月5日
セルジオ・ペレス ヘルメット
セルジオ・ペレスの2010年のヘルメット。今年GP2に参戦したセルジオ・ペレスは、2011年にザウバーでF1デビューを果たす。カラーリングは、母国メキシコのカラーであるグリーンが特徴的。サイドにはイニシャルのSがデザインされている。額の部分とバイザーステッカーには、ペレスを支援するテルメックスのロゴが入れられている。BELL製。

ザウバー、2011年のセルジオ・ペレスとの契約を発表

2010年10月5日
セルジオ・ペレス
ザウバーは、2011年の小林可夢偉のチームメイトとしてセルジオ・ペレスと契約したことを発表した。

今年のGP2を2位で終えた20歳あるセルジオ・ペレスは、1997年から1981年までグランプリに参戦していたヘクター・アロンソ・レバーク以来のメキシコ人F1ドライバーとなる。

セルジオ・ペレスは、まだF1をドライブしたことはないが、2008年後半からGP2、GP2アジアに参戦し、2007年にはイギリスF3ネーションクラス選手権で優勝している。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム