鈴鹿8時間耐久ロードレース
7月27日(金)、真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)」の決勝に向けて、フリー走行と計時予選が行われた。青空がのぞき、蒸し暑い天候となったこの日は、午前9時から11時までフリー走行。午後からは、ライダーブルー、イエロー、レッドと分けられた計時予選が、20分ずつ2回行われた。この計時予選では、それぞれのライダーのベストタイムを合算して、平均タイムの上位10チームが翌日に行われるトップ10トライアルに進出。10番手以下のチームは、この計時予選で決勝のスターティンググリッドが決まる。

午前中は、計時予選と決勝に向けての最終調整が行われた。3度も赤旗が出るセッションとなり、路面状況確認のための中断と再開が繰り返された。フリー走行のHonda勢最上位は、3番手のRed Bull Honda with 日本郵便で2分7秒507。5番手にはMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの2分7秒990。S字で水野涼が転倒してしまう場面もあったが、自力でピットに戻り、事なきを得た。続く6番手にKYB MORIWAKI MOTUL RACINGの2分8秒034。FIM世界耐久選手権のタイトルに王手をかけているF.C.C.TSR Honda Franceは、2分8秒422で8番手。11番手につけたau・テルル MotoUP RTは、長島哲太がピットロード入口付近で転倒して赤旗となったが、自力でピットに戻ることができた。

午後の計時予選は、気温が33℃、路面温度は49℃でスタート。その後、路面温度はピーク時で53℃まで上がった。計時予選1回目はブルーの腕章をつけたライダーたちが挑み、Red Bull Honda with 日本郵便の高橋巧が走行開始後すぐに2分6秒775と、本レースウイークで初の6秒台にタイムを入れて首位に立つ。そのタイムを超える者は現れず、セッショントップタイムをマーク。続くHonda勢は、MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaのドミニク・エガーターで2分7秒390を記録して4番手。以下、au・テルル MotoUP RTの秋吉耕佑が6番手、Team SuP Dream Hondaの山口辰也が8番手と続いた。F.C.C.TSR Honda Franceは、決勝へのシミュレーションのために走行を使う作戦のため、ライダーたちは燃料をフルタンクで入れて、黙々と走行をこなした。

続くライダーイエローの走行セッションでは、今大会唯一のMotoGPライダーとしてRed Bull Honda with 日本郵便の中上貴晶が登場。大きな注目の中でコースインし、2分8秒910を記録してその時点でのトップタイムをたたき出す。ライバルチームにタイムを更新されたものの、中上は2分7秒184までタイムアップ。しかし、その周にスプーンで転倒があって赤旗が提示されたことで、このタイムは記録されなかった。その後、セッションは残り11分の時点で再開。中上は2分7秒195とタイムを詰めるが、トップには及ばず、その直後にヘアピン手前で大きなクラッシュがあり、再び赤旗となる。残り5分15秒で再度セッションがスタートし、中上はこのセッションで3番手。KYB MORIWAKI MOTUL RACINGの高橋裕紀は2分8秒344で6番手に付けた。

ライダーレッドの走行は午後2時からとなり、気温も路面温度も上昇する中で走行が始まった。走行開始後すぐにMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaのランディ・ドゥ・プニエが2分7秒219でトップに立つ。Red Bull Honda with 日本郵便のパトリック・ジェイコブセンは2分8秒782で5番手。その後、シケインでの転倒があり赤旗中断。残り13分33秒で再開された。このセッションはドゥ・プニエがトップのまま終了。ジェイコブセンは2分8秒150とタイムアップして4番手となり、6番手にau・テルル MotoUP RTのイサック・ビニャーレスが入った。

午後4時15分から行われた計時予選2回目は、気温31℃、路面温度41℃でスタート。Red Bull Honda with 日本郵便は、決勝に向けたセットアップの確認にあて、タイムアップは狙わずに走行したが、高橋が2分7秒509で2番手。4番手にHonda Suzuka Racing Teamの日浦大治朗が2分8秒140を記録したが、2コーナーで転倒してしまい、これ以上のタイムアップはできなかった。

ライダーイエローの走行でも、始まってすぐにデグナーで転倒があり、赤旗が提示される。残り16分12秒で再スタートしたセッションで、中上が2分7秒939で4番手、続く5番手には2分8秒068までタイムを上げた長島が浮上する。7番手にはHonda Asia-Dream Racingのトロイ・ハーフォスが2分8秒951と上がってきた。

予選最後のセッションとなったライダーレッドの走行では、ジェイコブセンが6番手につけ2分8秒636を記録。8番手のTeam SuP Dream Hondaの作本輝介は2分9秒008をマークし、8秒台まで迫った。

計時予選で記録された各ライダーのベストタイムの平均で出された順位では、3番手にRed Bull Honda with 日本郵便が入りHonda勢最上位。5番手にMuSASHi RT HARC-PRO.Honda。7番手にau・テルルMotoUP RT。9番手にKYB MORIWAKI MOTUL RACING。10番手にTeam SuP Dream Hondaが入り、Honda CBR1000RRを駆る5チームがトップ10トライアルの出場権を得た。

以下、11番手にHonda Asia-Dream Racing、12番手にF.C.C.TSR Honda France、16番手にHonda Suzuka Racing Teamと続いている。

台風12号接近のため、鈴鹿8耐のイベントは中止の発表が相次いでいるが、トップ10トライアルは実施の方向で準備が進められている。もし中止となった場合には、この計時予選の順位が決勝のスターティンググリッドとなる。

高橋巧|Red Bull Honda with 日本郵便(3番手)
「ライダー3人ともペースが上がって似たようなタイムになってきているので、チームはいい方向に向かっていると思います。自分自身としては正直、もうちょっとタイムを出したかったという思いがあります。昨日までは2分6秒台なんて見えていなかったのですが、すぐに2分6秒台に入ったので、自分自身も含めちょっとずつよくなってきていると感じました。3人で車体セッティングに関して意見を出し合うと、だいたい同じようなコメントが多いんです。1人より3人で進められているのが大きな強みになっていると思います。明日のトップ10トライアルでは、自分自身が最大限にできる力を出します。トップ10トライアルでは気持ちよくタイムが出せていないので。予選用のタイヤを使いこなせなかったというか、あまり好きじゃないので、基本タイムアタックでもレース用タイヤを使ってきました。それでも2分6秒6くらいまで出ているので、明日、もしドライコンディションで走れるなら昨年のタイムを超えたいです。今日のトップタイム、2分5秒1台には驚いていますが、最終的にはレースをトップで終えられることが大事だと考えています。いいパフォーマンスを見せたいという気持ちもありますので、がんばります」

中上貴晶|#33 Red Bull Honda with 日本郵便(3番手)
「昨日のフリー走行、そして今日の予選2セッションを終えて、3人のタイムが出揃ってきた感じです。(高橋)巧くんのタイムに、やっと僕と(パトリック)ジェイコブセンが届いてきた、そんな走行でした。全体的なペースはまだ足りないのですが、ジェイコブセンも2分8秒台まで伸びてきてくれましたし、僕もテストを通じ初の7秒台となる、2分7秒19までやっと伸ばすことができました。予選の2回目は、最初からアタックせずにフリー走行のつもりでいこうとチームで決めていたので、レースの想定ペースで走っていました。まだまだタイムとしては足りませんが、一周の好タイムを追うのではなく、レースペースをどれだけ上げられるかを、明日の走行で詰めたいと思います」

パトリック・ジェイコブセン|#33 Red Bull Honda with 日本郵便(3番手)
「予選で総合3番手に入れたのはよかったですね。正直に言ってほかのライバル勢の中にはかなり速いラップタイムを記録しているチームもありますが、鈴鹿8耐は耐久レースですから、最終的にはチームの総合力をモノを言います。着実に走り続けたチームが勝つわけで、ミスをすればどんなに速いチームでも、すぐに順位を落としてしまいますからね。厳しいレースになると思いますが、決勝日に向けての準備はできていますよ」

水野涼|#634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(5番手)
「今日は、2回の走行ともニュータイヤを履かずに走行していたので、1回目2分9秒4、2回目で9秒0と、あまりタイムを伸ばせませんでした。ただ、決勝レースはユーズドタイヤでずっと周回するので、そこを想定して走行していました。チームとしては、ここへきて3人のマシンのセットがまとまってきました。ドミニク(エガーター)が2分7秒3、ランディ(ドゥ・プニエ)が7秒2というタイムを出してくれたので、トップ10トライアルへ進出できました。天候次第でどうなるか分かりませんが、明日は僕が走らせてもらうことになりました。微調整も残っていますが、決勝に向けて、準備が整ってきた感じです」

ドミニク・エガーター|#634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(5番手)
「今日の予選では、ニュータイヤを試すこともできました。バイクもよく仕上がっているし、チームメートも順調にタイムを上げています。総合順位も5番手といい位置です。ただ、最も重要なことは、安定していいペースを続けることで、あまり予選のことは気にしていません。今年も鈴鹿8耐に戻ってこられたことがなによりもうれしいです。Hondaのマシンで、HARC-PRO.というチームで走るのはとてもプレッシャーがかかりますが、それを含めて楽しみたいと思います」

ランディ・ドゥ・プニエ|#634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(5番手)
「予選では少しミスをしてしまったので、タイムをあまり上げることができませんでした。でも、ドミニクがいいタイムを出してくれていて、マシンも徐々に仕上がってきていることが分かっています。鈴鹿8耐のレースは長いので、なにが起こるか分かりませんが、少しずついいペースを刻んで走り切れば、チームにいい結果がもたらされることを確信しています。チームもマシンも、すべていい方向に向かっています」

秋吉耕佑|au・テルル MotoUP RT(7番手)
「チーム一丸で予選を戦い、無事にトップ10トライアル進出を決められました。明日は雨の予報ですし、台風も近づいていますが、それに負けない、弾き飛ばすような走りをしていきます。みんなで好グリッドを勝ち取ります。応援よろしくお願いします」

長島哲太|au・テルル MotoUP RT(7番手)
「3人とも2分8秒台前半を出せて、トップ10トライアルへ進むことができました。自分にとっては初めてのトップ10トライアルなので緊張する部分はありますが、チーム一丸となっていい位置からスタートできればと思います。明日の天候がどうなるかは分かりませんが、どんな状況でも全力を尽くしてがんばります」

イサック・ビニャーレス|au・テルル MotoUP RT(7番手)
「今日行った予選はとてもいいものでした。明日のトップ10トライアル進出を決められて、よかったです。とても満足のいく一日でした」

清成龍一|KYB MORIWAKI MOTUL RACING(9番手)
「午前中にあった練習走行でのコンディションでは、そんなに悪くはなかったのですが、午後の気温が上がった予選では、思ったように走れなくて苦戦しました。結果は、やはりタイム的にトップと3秒の差がありましから、正直に言って勝負にならないと思っています。ここまでの開きがあると、一発のタイムを狙っても届くかどうかなので、もう真っ向勝負というわけにはいきません。決勝では自分たちの戦い方を進めていくしかないですね。それで勝機をつかんでいかなければいけません」

高橋裕紀|KYB MORIWAKI MOTUL RACING(9番手)
「やはり気温が上がると難しくて、予選の結果は厳しいタイムになってしまいました。ほかと比べて気温が上昇したときの落ち幅が大きいのかなという感想です。レースはもう明後日に迫っていますが、最後まであきらめずにタイムが落ちないようなセッティング、タイムが落ちないような走り方を見つけていきたいです。決勝レースは2人でいくことが決まりました。ダン(リンフット)のケガにより突然の呼ばれて走ってくれたラタパーク(ウィライロー)選手には申し訳なく、感謝しています。2人というのが決まったので、予選は2人だけで走りました。それでトップ10トライアルへの進出が決まったのはよかったです。明日も全力でがんばります」

ラタパーク・ウィライロー|#19 KYB MORIWAKI MOTUL RACING(9番手)
「全体として、今日はいい感触がありましたね。マシンに慣れるために、今日は自分のライディングスタイルをマシンに合わせていく作業を中心に行いました。予選ではいいタイムを記録しているチームが多かったですが、トップ10にも入ることができました。明日はウエットになると思うので、もしかしたら波乱の展開になるかもしれませんが、自分のチームがトップ5に入ることができるといいですね。僕が監督を務めている4耐のチームは、明日が決勝日です。昨年からラップタイムも大幅に向上していますし、ぜひ昨年のリザルトを更新してほしいと思いますが、同時に4耐をおおいに楽しんでくれればいいなと思っています」

山口辰也|Team SuP Dream Honda(10番手)
「トップ10トライアル進出は、今回の8耐で重要な任務でしたのでそれが達成できてうれしく思っています。マシンも短い期間でみんなでまとめて、ある程度のタイムで走れるようになったのでその点についてもホッとしています。みんな、ちゃんとセットアップできればタイムが出せる実力のあるライダーなので、マシンがしっかりしたのを確認できましたのがよかったです。3人のライダーのタイムもそろってきて、だれでも乗りやすい安定したマシンに仕上げ、また多くのサプライヤーさんに協力いただいているチームですので、いろいろなパーツが入っていてそれをしっかり機能させられるように細かな点も伝えています。トップ10進出はいい流れにつながっていると思います。明日は最初からトップ10に残った場合には、若手2人を走らせてほしいと言っていたので、トップ10を経験するとともに、ライダーとしてのアピールをしてほしいと思います」

岩戸亮介|Team SuP Dream Honda(10番手)
「テストから昨日までチームとして全体的にタイムを上げるのに苦労していましたが、私とチームメートの作本選手が昨日から大幅にタイムアップして、3人のタイムがそろったことがチームにとって大きなプラスになるので、それがよかったと思います。今日のベストタイムは中古タイヤでの記録でしたので、新品タイヤを履けばもっとタイムが出るかと思っていました。しかし、午後の予選では新品タイヤを履いてい勢いよく出たら逆にタイムが出ませんでした。明日はその反省を踏まえていろいろ替えながら、7秒台が見えてきたので、1周にしっかり集中して、タイムを出したいと思っています」

作本輝介|Team SuP Dream Honda(10番手)
「予選2回目で自分のベストタイムが出せたことはとてもよかったのですが、これでようやくスタートラインに立てたという気持ちです。自分自身はもっともっと上のタイムを目指しているので、どれだけ上げていけるのかが課題です。マシンも、山口選手をはじめとしたチームスタッフの皆さんが仕上げてくれていたので、それに自分も合わせていけてタイムを出せたことがよかったと思います。明日のトップ10トライアルでは最低限今日のタイムを超えていきたいので、それができるためにはなにをしなければならないのかをこれからしっかり考えていきたいと思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連