オスカー・ピアストリの予算の80%以上はスポンサーと家族が提供 - マーク・ウェバーがアルピーヌF1チームを非難
オスカー・ピアストリのマネージャーを務めるマーク・ウェバーは、アルピーヌF1チームが主張するピアストリのF1への準備に投入したとする数百万ドルの支援は大幅に誇張されていると語る。

21歳のオスカー・ピアストリは、育成プログラムに所属していたアルピーヌF1チームの2023年のレースシートを蹴り、マクラーレンとF1デビューを果たすためのレース契約を結んだ。

論争はFIAの契約承認委員会(CRB)で終結しただけでなく、最終的にアルピーヌF1チームに60万ドルの追加の弁護士費用がかかったと報告されている。

アルピーヌF1チームは、裁定を受け入れているが、オスカー・ピアストリの「誠実さ」に公然と疑問を投げかけている。

しかし、マーク・ウェバーは、アルパインF1チームの虚偽のレースシート発表のせいで、オスカー・ピアストリは今や悪名高い「ツイート」でソーシャルメディアの世界で炎上させられただけだと Daily Star に語った。

元F1ドライバーのマーク・ウェバーは「もちろん、彼はそれについて気まずかったが、彼の立場を完全に明確にするために、砂の中に強硬な線を引かなければならなかった」と語った.

「アルピーヌはあの声明を発表する前にそのポジションを知っていたので、オスカーにとってはさらに苛立たしいものだった」

「F1に参加することは、彼の人生で最大の瞬間だ。完全に正しいとは言えなかったが、これを手にすることは彼にとって本当に大変なことだった」

アルピーヌは、チームが開発プログラムを通じてオスカー・ピアストリのF1への準備のために投入した数百万ドルの資金を強調している。

しかし、マーク・ウェバーは、話された数字は「不釣り合いに誇張された」ものだったと語る。

「ジュニアカテゴリーでは、オスカーはアルピーヌの投資以外でそれらのチャンピオンシップを獲得することでかなりのお金を稼いだ」とマーク・ウェバーは主張した.

「予算の80%以上は、外部のスポンサーとオスカーの家族によって提供された。状況を把握することが重要だ」

最終的に、CRBはオスカー・ピアストリとマクラーレンの側についたが、ピアストリは、2022年の残りの期間、アルピーヌのシミュレーターおよびリザーブドライバーとしての役割を果たす契約が結ばれているという厄介な状況に置かれている.

マーク・ウェバーとマクラーレンは現在、オスカー・ピアストリとアルピーヌとの契約を早期に終わらせようと動いていた。

「来週交渉する」とマーク・ウェバーは確認した。

「オスカーは真のプロなので、彼は必要なことをするだろう。それはすべてアルピーヌにかかっている」

アルパインF1チームのボスであるオトマー・サフナウアーは、状況について尋ねられたとき、「月曜日に決定する」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン / マーク・ウェバー / アルピーヌ