「ピアストリという宝石を手放すことになれば大失態」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、オスカー・ピアストリを“宝石”と称し、現在の騒動の責任はアルピーヌF1チームにあると考えている。

アルピーヌF1チームは、引退するセバスチャン・ベッテルの代わってアストンマーティンF1に移籍するというフェルナンド・アロンソの衝撃的な決定に驚いた後、ドライバー市場の嵐の中心に引き込まれた。

その後、アルピーヌF1チームは、リザーブドライバーのオスカー・ピアストリを2023年のフェルナンド・アロンソの後任に指名したが、現F2チャンピオンはセンセーショナルに反論し、契約は「間違って」おり、「僕の同意なし」に発表されたと述べた。

オスカー・ピアストリは、ダニエル・リカルドのシートを引き継いで、2023年にマクラーレンF1チームでドライブする契約にすでに合意していると考えられている。

ダニエル・リカルドは、2023年の有効な契約をマクラーレンF1チームと結んでいるが、マクラーレンがリカルドの後任としてピアストリを獲得する意向であることをすでに通達したと報じられている。

ダニエル・リカルドは、マクラーレンに移籍する前に2019年と2020年のルノー時代にレースを行っていたアルピーヌF1チームに復帰する可能性が考えられている。

F1ドライバーから評論家に転向したラルフ・シューマッハは、アルピーヌF1チームがジュニアチャンピオンシップでタイトルのハットトリックを達成したオスカー・ピアストリのような「宝石」を失うことは「大失態」であると述べた。

「多くの噂がある」とラルフ・シューマッハはSky Germanyに語った。

「1つはっきりしていたのは、アルピーヌは来年ピアストリをマシンに乗せることに興味を持っていなかったということだ。なぜなら、若いドライバーはF1に到着するまで一定の時間を必要とすることがわかっているからだ」

「彼らは、彼を別の場所に1~2年間収容したいと考えていた。アルピーヌ側にはコックピットにピアストリを配置するオプションがあったが、フェルナンド・アロンソが去るとは予想されていなかったため、行使されなかった」

「このような宝石を持っていて、それを手放すことになれば大失態だ。自分で契約を正しく設計できない場合、若者を責めることはできない」

「一つ忘れてはならないことがある。ピアストリのマネージャーであるマーク・ウェバーは、マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルと非常に密接なつながりを持っている」

ラルフ・シューマッハは、「恥ずかしい」大失敗の責任は、アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーにあると考えている。

「私はオトマー(サフナウアー)のことは好きだが、彼自身は自分のパフォーマンスにがっかりしている。彼はアロンソにでていくとは思っていなかったし、プランBも持っていなかった」

「それが全体の恥ずかしいところだ。したがって、彼は自分自身を責めなければならない。オスカーは何も悪いことをしていない」

「最終的に、ルノーはもっと早くアロンソの人格に疑問を呈し、彼らはピアストリに将来的に彼に頼ることになると伝えるべきだった」

「彼はF2と同様に、最初の年にF3で優勝した。彼は何を待つべきったのか? もしオファーを受けたら、私でも同じことをしただろう。そして、マクラーレンは間違いなくトップチームだ」

アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / ラルフ・シューマッハ / アルピーヌ