アルファタウリF1加入のニック・デ・フリース、角田裕毅は「初めて自分より背の低い僚友」
ニック・デ・フリースは、2023年にアルファタウリF1でチームメイトとなる角田裕毅と一緒に仕事をすることを楽しみにしていると語る。

F2とフォーミュラEでタイトルを獲得したニック・デ・フリースは、今年、メルセデスF1チームのリザーブドライバーとしてルーキーFP1枠で走行。だが、実際にF1デビューするチャンスはそこまで大きくはなかった。

しかし、F1イタリアGPの週末にその状況は一変。虫垂炎に倒れたアレクサンダー・アルボンの代役として土曜日からグランプリに参加したニック・デ・フリースは、予選でチームメイトのニコラス・ラティフィを倒すと、決勝でも9位入賞を果たすパフォーマンスを披露。

その結果、アルピーヌF1チームへの移籍を希望するピエール・ガスリーの後任を探していたレッドブルの目に留まり、2023年にアルファタウリのF1ドライバーの座を勝ち取った

F1デビュー時に28歳になるニック・デ・フリースは、アルファタウリで5歳年下の角田裕毅と組むことになる。

角田裕毅の印象についてニック・デ・フリースは「彼がF2にいたとき、僕は彼の最大のサポーターの1人だった」とコメント。

「彼は面白い若者だし、自分の意見を話すことを恐れていない。彼を見ているのは楽しい」

「彼は非常に才能があり、非常に速い。一緒に楽しい時間を過ごせると思っているし、彼に加わるのを楽しみにしている」

「自分より背の低いチームメイトを持つのはキャリアの中で初めてだ! それでも、靴のサイズは同じだと思うけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / アルファタウリ / 角田裕毅