ニック・デ・フリース、レッドブルとのアルファタウリF1加入交渉を認める
ニック・デ・フリースは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコと、アルファタウリF1チームとの将来の可能性について話し合っていることを認めた。

モンツァでのF1デビューをきっかけに、ニック・デ・フリースはアルピーヌF1チームとウィリアムズでの潜在的な機会と、レッドブル ファミリーに参加する機会を持っているが、どこに行くかを選択する立場にないと主張している。

ニック・デ・フリースがアルファタウリに加入した場合、ピエール・ガスリーはリリースされてアルピーヌF1チームに移籍になる。ガスリーがポジションを維持する場合、デ・フリースはアルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソの後任候補リストの上位に入る。

アルピーヌF1チームが来週ブダペストで予定している2021年F1マシンでのテストには、ニック・デ・フリース、アントニオ・ジョビナッツィ、ジャック・ドゥーハン、コルトン・ハータが参加する予定であり、状況は複雑になっている。アルピーヌF1チームは、決定を急いでいるわけではないと述べている。

また、ニック・デ・フリースはウィリアムズの候補にもとどまっており、そこには育成ドライバーのローガン・サージェントもいる。しかし、アメリカ人のサージェントがF1スーパーライセンスの資格があることを確認するためにはアブダビでのF2最終戦を待たなければならない。

ニック・デ・フリースは、どこに行くかを自分で決めることはできないと主張する。

オランダのテレビ番組Humberto op Zaterdagに出演したニック・デ・フリースは「自分が選択できるような贅沢な状況にあるかどうかはよくわからない」と語った。

「ほとんどの場合、僕の手に負えないことだ。ウィリアムズとは長い間話し合ってきたし、先週末、ウィリアムズでデビューすることもできた」

「それは論理的なステップだと思う。アルピーヌとは7月から連絡を取り合っており、来週ブダペストでテストを行う。月曜日にそこに移動する」

「メディアが昨日気づいたように、ヘルムート・マルコに会うためにオーストリアに行った。それらは事実だ」

ニック・デ・フリースは、彼に好みはなく、現在検討中のオプションのどれにも満足するだろうと述べた。

「パーマネントのシートを獲得できる場所ならどこでも僕はとても満足だ。今後数日または数週間でそれがどのように発展するかを見なければならない。さっきも言ったけど、それは完全に僕がコントロールできることではない」

「この世界ではパフォーマンスがすべてではあるけど、今は勢いがある。それは違いを生み出すけど、シートを保証するものではない。僕阿智はまだそこまで進んでいない」

ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPでの華々しいデビューからすでに気持ちを切り替え、来年に集中していると語った。

「週末自体は素晴らしく、あっという間に過ぎていった。夢が叶ったし、成功裏に終えることができた。しばらくは何が起こったのか本当に想像できなかった」

「月曜日の午後、僕はかなり早く現実に戻った。今は将来のことで忙しい。でも、受け取ったすべてのメッセージとお祝いはとても特別なものだった。皆さんからのサポートを受け取ることができてうれしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / レッドブル / アルピーヌ