ニック・デ・フリース、夢のF1デビューを回想 「一睡もできなかった」
ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPで9位に入賞したF1デビューの経験は「夢」だったと振り返った。

ニック・デ・フリースは、虫垂炎に苦しんだアレクサンダー・アルボンの代役として召集された。デ・フリースは堅実な予選を行い、Q1を突破。他のドライバーのペナルティにより、8番グリッドからレースをスタートした。

ウィリアムズのストレート速度は、ニック・デ・フリースがポイントを獲得するのに役立ち、2006年のニコ・ロズベルグ以来、ウィリアムズでのF1デビューでポイントを獲得したドライバーとなった。初レースでのポイント獲得はF1全体で67人目となる。

「この24 時間はすべて夢のようなだった」とニック・デ・フリースは語った。

「すべてが急ぎ足だったので、考える時間はあまりなかった。あまりよく眠れなかった。興奮から神経質になり、基本的には一晩中起きていたので、あえて睡眠記録を調べることさえしなかった」

「でも、それが助けになったかもしれない。考えることができず、ひたすら仕事を続けるしかなかったからね」

ニック・デ・フリースは、レースでの発進に苦戦しましたが、これはF1クラッチシステムの練習不足によるものだった。そこから、グランプリの大部分でDRSトレインに閉じ込められたが、後半にはアルファロメオの周冠宇から防御することを余儀なくされた。

「スタートは良くなかったけど、ポジションをキープするには十分だった。序盤にリズムをつかみ、ポジションを落とさないようにすることが鍵だったと思う。タイヤが汚れていて、常に後手に回ってくるからね」

「だからこそ、戦略とそれをどのように管理したかに本当に満足している。実際、ペースはとても良かったし、マシンも素晴らしかった。スティント1からスティント 2 にかけて微調整を行った」

「マシンのツールを使用してバランスに影響を与えるためにチームに多くの助けを求めた」

「繰り返しになるけど、グリッドペナルティなどで外部から助けが少しあったことは分かっている。でも、誰も僕たちからこれらの点を奪えない」

ニック・デ・ブリーズ ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / ウィリアムズ / F1イタリアGP