ニキータ・マゼピン、F1で最も親しい友人は「ミック・シューマッハ」
ニキータ・マゼピンは、F1パドックで最も親しい友人としてハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハを指名した。

シーズンを通して、ニキータ・マゼピンは、コース内外でミック・シューマッハとの衝突を含め、不仲説が報じられ続けている。それでも、Ziggo Sportから、F1パドックで最も親しい友人は誰かと質問されたニキータ・マゼピンは「ミック・シューマッハ」だと答えた。

オランダの放送局の記者は「君は嘘つきだ!」と微笑んだ。

「なぜ僕が嘘つきなの?」とニキータ・マゼピンは反撃。「彼はガレージで僕に一番近い」

「彼はバケーションでモスクワに僕を訪ねてくる。彼は雪とクマを見たがっているよ」

ほんの数日前、ニキータ・マゼピンは、ロシアの首都にある彼のプレイグランドに口頭で招待した後、ミック・シューマッハからまだ返事をまだ聞いていないことを認めた。

Ziggo Sportの記者は、ミック・シューマッハをシベリアに送るのは単なる陰謀なのではないかと再び冗談交じりに問いかけた。

「いいや、彼は本当にクマと雪を見たがっているよ」とニキータ・マゼピンは笑った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ