ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待
ニキータ・マゼピンは、不仲が噂されているチームメイトのミック・シューマッハを数日間モスクワに招待した。

2021年に苦戦が続いているハースF1チームだが、新しいレギュレーションが導入される2022年には高い期待を寄せており、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの二人の残留が発表され、絶え間ない二人の小競り合いは和らいでいるようだ。

その一例として、ニキータ・マゼピンはミック・シューマッハを母国ロシアのモスクワに数日間招待した。

「彼が私を招待しなかったことに腹を立てている」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは笑った。
「いいや、それはいいジェスチャーだと思う。彼がそこに大人のおもちゃを持っていることを私は知っている」

「友達になってはいけないと言ったことは一度もない。いつも言ってきたのは、友達である必要はないということだ。だが、友達ならもちろん問題はない」

ミック・シューマッハも「チームメイトは通常、常に主なライバルだ」

「今まで、戦いやすいチームメイトに会ったことはない。常に最善を尽くしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ