F1:ラルフ・シューマッハ 「ニキータ・マゼピンは緊急に処罰されるべき」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、日曜日のF1アゼルバイジャンGPでチームメイトのミック・シューマッハをウォールに追いやったニキータ・マゼピンは罰せられるべきだと考えている。

ラルフ・シューマッハの甥のあたるミック・シューマッハは、最終ラップでニキータ・マゼピンを追い抜こうとしていたが、ポジションを守ろうとしたマゼピンは突然進路を変えてシューマッハのコースの端に追いやった。

最終的にミック・シューマッハはニキータ・マゼピンを打ち負かしたが、突然の方向転換は当然のことながらシューマッハの怒りの爆発を引き起こした。シューマッハはチームメイトにゼスチャーで示した後、チーム無線で『 正直、本気で僕たちを殺したいんじゃないの?』と怒りをぶちまけた。

元ウィリアムズのF1ドライバーであるラルフ・シューマッハはニキータ・マゼピンは「緊急に処罰」されるべきだと考えている。

「ミックは本当にいい走りをしていたし、チームメイトより1周半も進んでいた」とラルフ・シューマッハは語った。

「しかし、オーバーテイク操作中のマゼピンのあのピクピクはまったく受け入れられない」

「時速300キロ以上のスピードについて話している。あれは生命を脅かすものだ。ホイール・トゥ・ホイールでレースをしているときは簡単に飛ぶことができる。750kgが飛んだらどうなるか想像できるか?」

「私の意見では、マゼピンは早急に罰せられるべきだ。彼は立ち向かわなかったが、マシンの中で何が起こるか想像してみてほしい。マゼピンはコックピットの外では素晴らしい青年だ。彼と話すと、彼はとても礼儀正しい」

「しかし、レースでは、しばしば彼が邪魔をするラップから始まる。彼は本当にキャッチアップする必要がある。スチュワードが詳しく調べるべきかどうかはわからない」

「危険で容認できないと思う。私としては、これは明らかにペナルティだ。時速350 キロでピクピク動くようなことを標準にすることは許されるべきではない。それは到底受け入れられない」

ハースF1のチーム代表のグウェンター・シュタイナーは、2人のドライバーはその後、口に出した瞬間から「わだかまりを解いた」と主張しているが、FIAは、2人のハースドライバー間の最終ラップのインシデントを調査することを確認した。

F1レースディレクターのマイケル・マシは、バクーでのフィニッシュまでの2周のスプリントで、上位バトルがチェッカーフラッグに向かって激化していたため、その瞬間を見過していたことを認めた。

「公平を期すために、明らかに我々は前方を見ており、実際にそのインシデントを自分自身で見ていないので、コメントすることはできない」とマイケル・マシは語った.

「見ていないことなので、コメント]しないほうがいいと思う」

「後日それを再確認して、必要に応じて、チームや関係するドライバーとチャットする」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ラルフ・シューマッハ / ハース