MotoGP ヤマハ・ファクトリー・レーシング YZR-M1
ヤマハ・ファクトリー・レーシングは2月4日(月)、インドネシアの首都ジャカルタでチーム発表会を開催。2019年シーズンにタイトルスポンサーとしてチームを支援するエナジードリンクメーカー、モンスターエナジーのロゴが入った2019年マシン『YZR-M1』のカラーリングを公開した。

発表会には2019年のライダーを務めるバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスが参加。これまでのブルーに加えてブラックが基調となったレーシングスーツ、および2019年マシン『YZR-M1』のカラーリングをお披露目した。

2014年からヤマハのファクトリーチームはスペインの通信企業モビスターがタイトルスポンサーを務めてきたが、昨シーズン末で契約は終了した。

2019年からは新たにモンスターエナジーがタイトルスポンサーに就任。チーム名は『モンスターエナジー・ヤマハMotoGPチーム( Monster Energy Yamaha MotoGP Team)』となり、2019年からは両ライダーのレーシングスーツ、YZR-M1を含め、ヤマハMotoGPチームのすべての所有物にモンスターエネジーのロゴが掲載される。

モンスタエナジーは、2013年からヤマハMotoGPチームのオフィシャルスポンサーを務め、2015年のトリプルクラウン、2016年にチームタイトルを獲得している。ヤマハのライダーを務めるバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスは、二人ともモンストエナジーとアスリート契約を結んでおり、2019年からはMotoGPシーズンでよりブランディングが強化されることになる。

ヤマハから7年連続14年目を迎える39歳のイタリア人ライダー、バレンティーノ・ロッシは、「この瞬間はいつも興奮する。バカンスが終わってしまったことは残念だけど、僕たちは準備が整っている。僕たちのライバルたちはグッドなステップを果たしたから、僕たちは懸命に働かなければいけない」とコメント。

「現状のチャンピオンシップはタイヤがカギだ。常にタイヤ温存の仕事に取り組んで来た。難しく、非常に精密な作業。自分のスタイルに取り組み、エンジニアたちと懸命に働かなければいけない。これが今年の目標だ」

ヤマハから3年目を迎える24歳のスペイン人ライダー、マーベリック・ビニャーレスは、「素晴らしい冬だった。すごく良い感じ。インドネシアに来られたことが嬉しい。バイクはビューティフルだ。僕は準備が整っている」とコメント。

「重要なのは、昨年がどうだったと言うことではない。新しい始まりなんだ。チーム内の変更を確認。(クルーチーフの)ステファンは僕がベストを発揮できるようにしてくれるだろう。全ての変更と共に僕はできると手応えを感じる」と、心機一転してシーズンに臨むもとを誓った。

発表会には、ヤマハ・モーター・レーシング社長の辻幸一、ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクターのリン・ジャービス、モンスターエナジーのスポーツマーネケティング副社長ミッチ・コヴィントン、YIMMヤマハインドネシア社長の森本実が出席。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPは、6日に始まる今年最初のオフィシャルテストに参加するため、マレーシアに移動。3月10日の開幕戦カタールGPに向けて準備を進める。

モンスターエナジー・ヤマハMotoGPチームMonster Energy Yamaha MotoGP Team


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP