MotoGP フランスGP マルク・マルケス
MotoGP 第5戦 フランスGPの決勝レースが5月19日(日)、ルマンのブガッティ・サーキットで行われ、マルク・マルケス(ホンダ)が優勝した。

ポールポジションからスタートしたマルク・マルケスは、序盤から完全にレースの支配権を握り、前戦スペインGPから2連勝、通算47勝目、そして、ホンダに最高峰クラスでの300勝目をもたらした。

気温15度、路面温度19度。ホールショットを奪ったマルク・マルケスは、5周目にジャック・ミラー(プラマック)に一時リードを許すが、2週後に挽回。その後、リードを広げ、ミラーとの差を1秒以上に広げる。

スタートで7番手まで順位を落としていたアンドレア・ドヴィツォーゾ(ドゥカティ)が反撃をみせ、ジャック・ミラーを攻略して2番手に浮上。さらにダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)もジャック・ミラーを抜いてチームメイトバトルを展開する。

だが、アンドレア・ドヴィツォーゾがポジションを守って2位でフィニッシュして3戦ぶり3度目の表彰台を獲得。ダニロ・ペトルッチは、2.142秒差の3位に入り、ドゥカティ移籍後初となる表彰台を獲得した。

ジャック・ミラーは2.940秒差の4位に入り、今季3度目となるインディペンデントチームライダー部門の最高位に進出。以下、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ポル・エスパルガロ(KTM)、フランコ・モルビデリ(ヤマハSTR)、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハSRT)はコースアウトで17番手まで後退したが8位まで挽回し、カル・クラッチロー(LCR・ホンダ)、アレックス・リンス(スズキ)がトップ10入り。8番グリッドのホルヘ・ロレンソは、今季の最高位となる11位でフィニッシュ。

7番グリッドの中上貴晶(LCR・ホンダ)は、12番手走行中の19ラップ目に週末2度目、今季2度目の転倒を喫してリタイアした。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルク・マルケスが25ポイントを加算。総合2位に再浮上したアンドレア・ドヴィツィオーゾに対して、アドバンテージを8ポイント差に広げた。

次戦イタリアGPは、ムジェロ・サーキットことアウトードロモ・インテルナツィオナーレ・デル・ムジェロ5月31日に初日、6月2日に決勝レースが開催される。

2019年 MotoGP 第5戦 フランスGP 結果
PosNoRiderTeam
193マルク・マルケスレプソル・ホンダ・チーム
24アンドレア・ドヴィツィオーゾドゥカティ・チーム
39ダニロ・ペトルッチドゥカティ・チーム
443ジャック・ミラープラマック・レーシング
546バレンティーノ・ロッシモンスターエナジー・ヤマハMotoGP
644ポル・エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシング
721フランコ・モルビデリペトロナス・ヤマハSRT
820ファビオ・クラルタラロペトロナス・ヤマハSRT
935カル・クラッチローLCRホンダ・カストロール
1042アレックス・リンスチーム・スズキ・エクスター
1199ホルヘ・ロレンソレプソル・ホンダ・チーム
1241アレイシ・エスパルガロアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ
135ヨハン・ザルコレッドブルKTMファクトリー・レーシング
1455ハフィス・シャーリンレッドブルKTMテック3
1588ミゲール・オリベイラレッドブルKTMテック3
1636ジョアン・ミルチーム・スズキ・エクスター
 30中上貴晶LCRホンダ・イデミツ
 29アンドレアイアンノーネアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ
 12マーベリック・ビニャーレスモンスターエナジー・ヤマハMotoGP
 63フランチェスコ・バニャイアプラマック・レーシング
 17カレル・アブラハムレアーレ・アビンティア・レーシング
 53ティト・ラバットレアーレ・アビンティア・レーシング


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP