MotoGP マルク・マルケス
MotoGP 第16戦 日本GPの決勝レースが10月21日(日)にツインリンクもてぎで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が優勝。3年連続、5度目のMotoGPチャンピオンを獲得した。

快晴のもとで行われた日本GPの決勝レースは、タイトルを争うマルク・マルケスとアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)によるバトルが展開された。マルケスはドヴィツィオーゾに2ポイント差をつければタイトル確定という状況。

しかし、残り2周で2番手を走行していたアンドレア・ドヴィツィオーゾが転倒。マルク・マルケスがホンダの母国グランプリでチェッカーを受け、MotoGPチャンピン3連覇を達成。最高峰クラスで自身5度目のタイトルを獲得した。

2位にはカル・クラッチロー(LCR・ホンダ)、3位にはアレックス・リンス(スズキ)が入り、表彰台を獲得した。

日本人ドライバーでは、中須賀克行(ヤマハ・ファクトリー・レーシング)が13位、中上貴晶(LCR・ホンダ)が14位でレースをフィニッシュした。

2018年 MotoGP 第16戦 日本GP 決勝 結果

順位No.RiderTeam
193マルク・マルケスレプソル・ホンダ・チーム
235カル・クラッチローLCR・ホンダ・カストロール
342アレックス・リンスチーム・スズキ・エクスター
446バレンティーノ・ロッシモビスター・ヤマハ MotoGP
519アルバロ・バウティスタアンヘル・ニエト・チーム
65ヨハン・ザルコモンスター・ヤマハ・テック3
725マーベリック・ビニャーレスモビスター・ヤマハ MotoGP
826ダニ・ペドロサレプソル・ホンダ・チーム
99ダニロ・ペトルッチアルマ・プラマック・レーシング
1055ハフィス・シャーリンモンスター・ヤマハ・テック3
1121フランコ・モルビデリエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS
1238ブラッドリー・スミスレッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング
1344ポル・エスパルガロレッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング
1489中須賀克行ヤマルーブ・ヤマハ・ファクトリー・レーシング
1530中上貴晶LCR・ホンダ・イデミツ
1610ザビエル・シメオンレアーレ・アビンティア・レーシング
1781ジョルディ・トーレスレアーレ・アビンティア・レーシング
184アンドレア・ドヴィツィオーゾドゥカティ・チーム
1945スコット・レディングアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ
2012トーマス・ルティエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS
2150シルバン・ギュントーリチーム・スズキ・エクスター
2229アンドレア・イアンノーネチーム・スズキ・エクスター
2317カレル・アブラハムアンヘル・ニエト・チーム
2443ジャック・ミラーアルマ・プラマック・レーシング
2541アレイシ・エスパルガロアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP