MotoGP バレンシアGP:ホルヘ・マルティンがポールポジション獲得
2021年 MotoGP 最終戦 バレンシアGPの公式予選が11月13日(土)にサーキット・リカルド・トルモで行われ、ホルヘ・マルティンがポールポジションを獲得した。

気温21度、路面温度24度のドライコンディションの中、フリー走行総合5番手のホルヘ・マルティンは、今季5度目のトップタイムをマーク。第11戦オーストリアGP以来7戦ぶり4度目、キャリア通算25度目のポールポジションを獲得した。

ドゥカティ3台が1列目独占
フリー走行総合4番手のフランチェスコ・バニャイアは、9ラップ目の2コーナーで週末2度目、今季6度目の転倒を喫して0.064秒差の2番手。10戦連続12度目の1列目を獲得すれば、フリー走行総合2番手のジャック・ミラーは、最速ラップを刻んでいた9ラップ目の11コーナーで週末2度目、今季12度目の転倒を喫して0.389秒差の3番手に入り、3戦連続8度目の1列目を確保。

ドゥカティが第16戦エミリア・ロマーニャGP以来今季2度目となる1列目を独占。フリー走行総合8番手のヨハン・ザルコは0.482秒差の5番手。

スズキ2台が2列目進出
フリー走行総合6番手のジョアン・ミルは0.459秒差の4番手。フリー走行総合11番手のアレックス・リンスは公式予選1で1番手、公式予選2で0.539秒差の6番手。

バレンティーノ・ロッシ10番手
フリー走行総合9番手のファビオ・クアルタラロは0.684秒差の7番手。フリー走行総合10番手のバレンティーノ・ロッシは0.810秒差の10番手。フリー走行総合3番手のフランコ・モルビデリは11番手。

中上貴晶はコンマ7秒差の9番手
フリー走行総合12番手のブラッド・ビンダーは公式予選1で2番手、公式予選1で0.573秒差の7番手。フリー走行4で1番手に進出したフリー走行総合7番手の中上貴晶は、0.708秒差の9番手。フリー走行総合1番手のアレイシ・エスパルガロは1.088秒差の12番手。

公式予選1
フリー走行総合19番手のアンドレア・ドビツィオーソは2番手から0.071秒差の3番手。フリー走行総合18番手のマーベリック・ビニャーレスは4番手。フリー走行総合16番手のアレックス・マルケスは2コーナーで今季19度目の転倒を喫して9番手。フリー走行総合20番手のミゲール・オリベイラは10番手。

ポル・エスパルガロ、骨折なし
フリー走行総合13番手のポル・エスパルガロは、フリー走行3で転倒を喫したことから、サーキット近郊の病院に搬送され、精密検査の結果、骨折がないことが確認された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / MotoGP